全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

竹島水族館がよりディープにリニューアル

リニューアルで深海生物の展示を充実させた=竹島水族館で

 1月から休館していた蒲郡市の竹島水族館既存棟が1日午前10時半にリニューアルオープンする。コンセプトは「MORE DEEP」。深海生物を特産品として押し出している蒲郡市をPRすることにより、水族館だけでなく地域活性化につなげていく意味を込めた。3月31日、関係者向けの内覧会が開かれ、飼育員が新たな仲間になった生物を紹介した。

 水族館は1956年に竹島園地に開館。62年に現在の場所に新築移転した。2017年、耐震改修リニューアル工事後、小林龍二館長と職員が工夫を凝らした手作りの説明文や展示を始めると、思わぬ人気で来場者数が増え、18年度には47万人が訪れた。

飼育員とのアットホームな交流が変わらずできる

 民間のアイデアや資金を活用し、さらに魅力的な施設にする。水族館は「飼育員とのアットホームな交流ができる水族館」のスタイルを残しながら、蒲郡を「深海魚のまち」として市内外にPRするため、より深海生物の展示に力を入れた。

 既存棟は熱帯淡水魚の展示を終了し、地元の漁師の協力などで深海生物やサンゴのエリアを拡張した。新たな仲間として、絶滅危惧種のコツメカワウソ2匹を繁殖目的でオランダから導入した。展示を通してカワウソの魅力や現在野生下で置かれる現状を来場者に発信する。

仲間になったコツメカワウソ

 サザエさん作者の長谷川町子さんの「美術館・記念館」とのコラボ企画を全国の水族館で初めて開催。運営会社の「竹島開発」の鈴木聡一郎社長が慶応大学の藤田康範研究会の協力で実現した。キャラクターの元になった生物を展示するほか、水槽にサザエさんのイラストなどを置いた。

 料金を改定した。市民は高校生以上500円(市外の人は900円)。4歳から中学生200円(市外の人は500円)。ただし、市民とわかる証明書の提示が必要。

 隣にあった竹島パルク跡地には国内最大クラスの約7・5㍍のアクリルガラスの大型水槽を設置した新館とイベントスペースを建設中だ。秋頃の完成を目指している。

秋頃には新館が完成予定

関連記事

紀伊民報社

熊野本宮大社で合気道演武 植芝道場長の講習も

 和歌山県田辺市本宮町の世界遺産・熊野本宮大社の旧社地「大斎原(おおゆのはら)」で20、21日、「合気道国際奉納演武」があった。  同市出身で合気道の開祖・植芝盛平のひ孫に当たる合気道本部道場...

長野日報社

原村でじっくりボードゲームを 1日1組限定のリゾート

ボードゲームに没頭するリゾート施設「GAW(ガウ)」が、5月1日に原村原山にオープンする。都内の音楽制作会社が手掛ける新事業。アナログゲームマスターのあだちちひろさんが依頼者の思いに沿った最...

帯広信用金庫の防犯講座人気 詐欺事例、寸劇交え

 十勝管内でも特殊詐欺事件が相次ぐ中、帯広信用金庫(高橋常夫理事長)は、被害防止のための出前講座を続けている。具体的手口を寸劇を交えるなどして分かりやすく紹介、社会貢献事業として無料で行ってお...

荘内日報社

外国人観光客とおもてなし交流 酒田港 泉小児童 日本の遊び紹介

 外航クルーズ船「ウエステルダム」(オランダ船籍、8万2862総トン)の酒田港寄港に合わせ22日、酒田市の泉小学校の4年生42人が同港古湊埠頭(ふとう)に降り立った外国人観光客らに日本の遊びを紹介するなど交...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク