全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

小学校で参観日利用し防災訓練

段ボール間仕切りの中に寝転がってみる子どもたち

 神原小(福井雅子校長、318人)で24日、全校挙げての防災学習と訓練が行われた。参観日に合わせた初の試みで、煙の充満した教室からの脱出、避難所の間仕切り設置、給水車によるデモンストレーションなどを体験。親子そろって“自分の命は自分で守る”大切さを学んだ。  学校・家庭・地域が連携して、防災体制の充実と防災意識の高揚を図ろうと、同校区自主防災会(福田幸三会長)の協力で企画。3~4校時を利用し、最後は引き渡し訓練も行った。  1、2年生は宇部中央消防署員の指導で、保護者と共に水消火器やクイズに取り組んだ。煙からの避難では、ハンカチやタオルで口を押さえ、体勢を低くして、手で前方に障害物が無いか探りながら出口を目指した。  3年生は弘中秀治・市地域福祉課課長補佐(内閣府防災ボランティア活動検討会メンバー)に教わって、段ボールを使った間仕切り作りに挑戦。4年生は起震車で関東大震災の揺れを体験した。両学年は光安信介・県社会福祉協議会生涯現役推進センター長(防災士)から、熊本地震や山口県内の災害の様子、支援活動の体験談も聞いた。  5年生は山野井隆・災害ボランティアコーディネーターの指導で、牛乳パックを利用した皿、紙製のコップなど、被災時に役立つグッズを作製。東日本大震災などの話も聞いた。  6年生は市上下水道局総務企画課の職員から、水の重要性について学び、給水車の蛇口をひねって、背負い式の非常用飲料水袋に6リットルの水を入れた。自宅に持ち帰り、有効な使い道を考えながら使うのが宿題。

関連記事

荘内日報社

公益大 黒川能の舞 細部までデジタルデータ化

 鶴岡市の民俗芸能・黒川能(国指定重要無形民俗文化財)の舞の所作をデジタルデータ化して記録保存する東北公益文科大と黒川能保存会の試みが本年度から本格化し17日、同市の黒川能伝習館で行われたデータ収集...

紀伊民報社

「亥」の大絵馬完成 新宮熊野速玉大社

 和歌山県新宮市の世界遺産・熊野速玉大社の上野顯宮司(65)が19日、来年のえとである「亥(い)」の大絵馬を仕上げた。純白の元気なイノシシが、うり坊を見守っている絵。12月1日に拝殿に掲げる。 ...

夜の森で希少種と対面 親子でナイトツアー体験 鹿児島県徳之島

 環境省徳之島自然保護官事務所は17日、鹿児島県徳之島天城町当部の美名田林道で夜の森を歩く体験イベントを開いた。島内から親子連れなど16人が参加。徳之島に生息する希少な動植物の生態を学び、自然保...

奄美市が通訳案内ガイド育成へ 外国人まち歩き観光に対応

 鹿児島県奄美市は名瀬市街地で17日、地域通訳案内士を対象とした「まち歩き観光ガイド」育成講座を開催した。クルーズ船の寄港増などによるインバウンド(訪日外国人)も含め、増加が続く旅行者の「まち歩...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク