全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

戦争の惨禍もう二度と

恒久平和を願い「世界平和の鐘」を響かせる上門支部長=23日、新栄公園内平和の鐘鐘楼

 世界平和の鐘の会沖縄県支部(上門孝子支部長)の「慰霊の日平和祈念鐘打式」が23日、新栄公園内の平和の鐘鐘楼で行われ、同支部員や市民ら約50人が恒久平和の願いを託しながら鐘の音を響かせた。  式では、上門支部長が世界各地で多発しているテロ事件に触れ、「一市民や子どもたちの命が危険にさらされていることに深い悲しみを覚える。石垣市から全世界に向けて、平和な心を発信し、安心安全な暮らしができるよう願いたい」とあいさつ。  中山義隆石垣市長は「県全土で繰り広げられ、一般市民も巻き込まれた戦争による惨禍を二度と繰り返してはいけない」と平和への誓いを新たにした。  参列者らは正午ちょうどに1分間の黙とうをささげた後、「世界平和の鐘」と併設されている「ほほえみの鐘」を鐘打し、平和を願った。  海星小1年の日野いさり君(7)=新川=は「きょうは公園で遊ぶ日じゃなく、お祈りする日だよ」と母親の稲翠(いすい)さん(39)に声を掛け、弟の一旗(いっき)ちゃん(3)、三歩(さんぽ)ちゃん(8カ月)とともに参列。  初めて鐘を打ったいさり君は「23日は慰霊の日。戦争で亡くなった人たちをお見舞いする日」と話し、稲翠さんは「いろんなことを勉強しているんだなと成長を改めて感じる。子どもたちが幸せに暮らせる世界になってほしい」と語った。

関連記事

荘内日報社

10月スタート新潟県・庄内エリアプレDC 庄内の魅力国内外へ発信

 大型観光誘客事業「新潟県・庄内エリアデスティネーションキャンペーン(DC)」のプレDC(10―12月)に向けたキックオフ会議が21日、鶴岡市のマリカ市民ホールで開かれた。庄内地域全体や各市町で計73の観光...

宇部日報社

参道にヒガンバナ4万本

 山口市上小鯖の鰐鳴八幡宮(古屋倫史宮司)で、曼殊沙華(まんじゅしゃげ)とも呼ばれるヒガンバナが見頃を迎え、訪れた人の目を楽しませている。約200メートルの参道の両側に4万本ものヒガンバナが群生...

新小麦の恵み パン掲げ乾杯 ヌーヴォまつり 帯広

 今年収穫した新小麦で作ったパンを味わう「とかち小麦ヌーヴォー2018解禁まつり」が22日、帯広市内のとかちむら(帯広競馬場内)で開かれた。新麦パンを掲げて“乾杯”する恒例の場面では、雨にもかか...

長野日報社

幸せの「高遠ダムパフェ」味わって 11月末まで限定提供

 伊那市は21日、高遠ダムを模したデザート「高遠ダムパフェ」を発表した。ダム湖に面した高遠さくらホテル(同市高遠町)と共同開発。信州の秋の味覚を代表するリンゴをふんだんに使い、ダム本体をジュレ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク