全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

元気に帰ってきてね 西荒瀬小日向川へ サケの稚魚放流

 元気でね―。酒田市の西荒瀬小学校(白田克幸校長、児童121人)の全校児童が29日、昨年10月からこれまで大切に育ててきたサケの稚魚約6500匹を学校近くを流れる日向川に放流。児童たちはその姿が見えなくなるまで目で追い、4年後の「再会」を約束していた。

 地元の日向川鮭漁業生産組合(大場清悦組合長)の協力で1979年度から実施している体験学習。この学習を含め児童たちが取り組む環境保全活動が評価され、同校は本年度、県制定「環境やまがた大賞」を受け。

 本年度は6年生17人が総合学習で昨年10月、同組合を訪れ、日向川を遡上(そじょう)してきたサケを捕らえ採卵。その後、受精卵約8000粒を預かり毎日、水温、気温などを計測するとともに、餌をあげたり、ごみを取り除くなどして体長5―7センチの稚魚に育てた。

 この日は好天が広がる中、大場組合長が「これからサケは旅に出て、4年後にこの川に帰ってくる。元気に帰ってくることを願って放流してください」とあいさつ。児童は「元気でね」と声を掛け、バケツに入れてもらった稚魚を川に放した。

 サケを育てた6年生の堀龍朔君(12)は「稚魚はすばしっこくて捕まえるのが大変だった。思った以上に大きくなった。4年後に元気で帰ってきてほしい」と話した。

日向川にサケの稚魚を放流する西荒瀬小の児童たち

関連記事

長野日報社

気軽に野菜作り体験 長野県富士見町に30日「JA農園」開園

 JA信州諏訪と子会社のあぐりクリエイト信州諏訪は、市民が気軽に野菜作りを体験できる「JA農園」を30日、長野県富士見町南原山に開園する。土づくり済みのミニ農地を秋まで希望者に提供する新規事業で...

マヂラブ・村上さんが新城市観光大使第1号に

 新城市は16日、市観光大使の第1号に、お笑いコンビ「マヂカルラブリー」の村上さん(39)を委嘱した。長篠出身で高校まで市内に住んでいた。  村上さんは市立鳳来中学、県立新城東高校(現新城有教...

キガシラセキレイ飛来 石垣

 キガシラセキレイが市内のほ場に渡来した。  体長16・5~18㌢の野鳥で、ロシア中西部やモンゴルなどにかけて繁殖し、冬季は中国南部やインドシナなどへ渡る。日本では旅鳥として少数が渡来し、農耕地や...

北羽新報社

高齢者施設の浴室に雄大な富士の絵 秋田公立美大生の池端さん制作

 秋田公立美術大4年でグラフィックデザインなどを学ぶ能代市西赤沼の池端咲紀さん(22)が、富士山をテーマにしたデジタル絵画2枚を制作し、同市落合の介護付き有料老人ホーム「サンビレッジ清風のしろ」...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク