全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

銀河の湯で「顔認証」 オカモト導入、公共2カ所目 足寄

 オカモト(帯広)は指定管理者を務める足寄町営温泉浴場「銀河の湯あしょろ」の入館管理に「顔認証システム」を導入した。対象となる定期利用者は券を持参しなくても“顔パス”で入れる。公共施設での顔認証導入は個人情報保護の観点からハードルが高いといい、全国で公共施設管理を手掛ける同社でも2カ所目。利用者と施設管理者双方の負担が減ると注目を集めている。

「新システムの導入で利用者も管理者も便利になった」と話す西尾さん

 同施設は月3万人ほどが利用。利用者の約9割が町民で、利用頻度が高い人のために定期券を販売している。定期券は毎回持参して提示する面倒さや紛失などの問題点があり、利便性向上を目的に昨年12月、顔認証システムを導入した。

 対象者は端末に顔を登録しておき、入館時に専用端末に顔をかざして認証されると中に入ることができる。毎日通っている町内の無職藤原茂さん(75)は「紙をいちいち出して受付に渡さなくていいから楽。無くす心配もない」と話していた。施設担当の西尾仁さんは「これまで手作業で行っていた券の更新や情報管理がデータ化され、利用者だけでなく管理側も便利になった」と話している。

 機器・システムはソフトバンクグループのJCV(日本コンピュータビジョン、東京)が構築。オカモトによると「性能が良く正確。受け付け作業がスムーズに進む」という。

 現在、定期券購入者70人のうち約50名が登録し、システムを利用している。オカモトは「成功事例の横導入が当社の強み。町と協議して銀河の湯での取り組みにさらに磨きをかけ、この事例をもとに他施設でもICTや生成AIを活用した技術の導入を進めていきたい」としている。

関連記事

紀伊民報社

南高梅が不作 平年の3割弱 梅の着果調査

 JAや日高振興局などでつくる「日高果樹技術者協議会」は19日、和歌山県の御坊・日高の4市町で実施した本年産南高梅の着果調査結果を発表した。主産地であるみなべ町と印南町の着果数は、過去10年平均...

苫小牧市ロゴマーク制定記念 22日に切手シート発売

日本郵便北海道支社は22日から、苫小牧市のロゴマーク制定を記念したオリジナルフレーム切手の販売を始める。84円切手10枚から成るシートで1枚は市のロゴマーク、残り9枚はとまチョップが樽前山山頂に登...

荘内日報社

龍神様とご縁を結ぶ 善寳寺 「辰歳御縁年記念企画」始まる

 鶴岡市下川の龍澤山善寳寺で12年に1度の「辰歳(たつどし)御縁年記念企画」が始まった。本堂で祈祷を受けた後、奥の院・龍王殿を拝観し「龍神様」とご縁を結ぶ。このほか国の重要文化財に指定されている絵画「...

清見100%のロゼ 今年も 淡いピンクに磨き めむろワイナリー

 芽室町内のワイン醸造所「めむろワイナリー」(町中美生、尾藤光一代表)の、2023年ビンテージ「たのしむ 清見ロゼ」(1本750ミリリットル、4950円)が完成した。5月1日から販売を開始する。 ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク