全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

多収栽培の技術確立 庄内砂丘メロン 1株から5玉収穫に活路 生産農家の収益アップ図る

 県庄内総合支庁農業技術普及課産地研究室(酒田市浜中)は、庄内砂丘メロンの多収栽培技術を確立した。1株から5玉(通常は4玉)を収穫する方法で、生産農家の収益を上げることが狙い。これまで緑肉の「アンデス5号」、赤肉の「レノンウエーブ」と「ルピアレッド」の3品種の多収技術を確かめた。現在は庄内砂丘メロンの主力品種「アンデス1号」(アンデスメロン)の試験栽培に取り組んでいる。

収栽培に向けた整枝の模式図=庄内砂丘メロン産地強化プロジェクト会議提供

 多収栽培は、通常より葉の数を増やし光合成を促して果実の実りを良くする方法。1株当たり1玉分多く生産し、10アール当たりの平均収量を約2・2トンから約2・5トンに増やすことを目的とする。多収栽培経営収支例(10アール当たり)の売り上げでは約100万円の4玉収穫に対して5玉収穫は25万円増の約125万円を見込む。これまでの試験栽培では玉の形や大きさ、食味といった品質は通常と変わらないことが立証された。

 産地研究室では昨年、庄内砂丘地の慣行品種で食味が優れる主力「アンデス1号」のハウスでの試験栽培を始めた。3品種の多収栽培を改良した方法で行い、品質の高いメロンが5玉収穫できる好結果を得た。今年はハウス栽培と並行して露地栽培に取り組む。

 庄内砂丘地域のメロン農家は約700戸。稲作と同じ高齢化と担い手不足が深刻化している。さらに昨今の肥料や農業資材の高騰が追い打ちをかけ「メロン作りを縮小したい」と胸の内を明かす高齢農家も出ている。

 産地研究室の板垣健太朗開発研究専門員(47)は「多収技術を分かりやすく言えば1株当たり通常60枚の葉っぱの数を80枚に増やし、光合成ができる面積を拡大する方法。着果、摘葉(てきよう)、整枝(せいし)を改良することで全体の収量アップが図られる。緑肉品種の半分を占める『アンデス1号』の多収技術を確立すれば農家に還元できるメリットは大きい」と話す。将来的には栽培農家での試験栽培を経て通常出荷と同じ流通ベースに乗せることが当面の目標だ。

試験地で始まった害虫のセンチュウ対策=2月6日、県農業技術普及課産地研究室

関連記事

宇部日報社

市長賞に花園自治会、春の花壇コンクール、特別賞や最優秀賞決まる【宇部】

 宇部市春の花壇コンクールの受賞団体が決まり、最高賞の市長賞には東岐波の国道190号沿いの花壇を彩った花園自治会(伊藤昌洋会長)が輝いた。市、市ガーデンシティ緑化運動推進委員会(会長・篠﨑圭二市...

紀伊民報社

南高梅が不作 平年の3割弱 梅の着果調査

 JAや日高振興局などでつくる「日高果樹技術者協議会」は19日、和歌山県の御坊・日高の4市町で実施した本年産南高梅の着果調査結果を発表した。主産地であるみなべ町と印南町の着果数は、過去10年平均...

苫小牧市ロゴマーク制定記念 22日に切手シート発売

日本郵便北海道支社は22日から、苫小牧市のロゴマーク制定を記念したオリジナルフレーム切手の販売を始める。84円切手10枚から成るシートで1枚は市のロゴマーク、残り9枚はとまチョップが樽前山山頂に登...

荘内日報社

龍神様とご縁を結ぶ 善寳寺 「辰歳御縁年記念企画」始まる

 鶴岡市下川の龍澤山善寳寺で12年に1度の「辰歳(たつどし)御縁年記念企画」が始まった。本堂で祈祷を受けた後、奥の院・龍王殿を拝観し「龍神様」とご縁を結ぶ。このほか国の重要文化財に指定されている絵画「...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク