全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

北羽新報社

冷水浴び裸参り 心願成就願い 能代市の高岩神社

いてつく寒さの中、高岩神社社殿下の手水舎で冷水を頭からかぶって身を清めた裸参り

 能代市二ツ井町荷上場の高岩神社境内で24日夜、小正月行事の「裸参り」が行われた。参加した3人が肌を刺すような寒さの中、冷水を浴びて身を清めてから社殿へと駆け上がって参拝し、心願成就を祈った。

 裸参りは、徴兵検査前の若者が「武運長久」を祈願して行ったのが始まりとされる。若い世代が町外に流出したため参加者が減少したことで、昭和32年から一時中断したが、平成2年に復活。現在は荷上場青年会(伊藤樹会長)が毎年旧暦1月15日に実施している。
 これまでは藤琴川で水浴びして身を清めてから、高岩山山頂近くにある同神社まで約4㌔の夜道を駆け上って参拝していたが、県道西目屋二ツ井線荷上場バイパスの完成により、水浴び場であった川岸の様相が変わってしまったことから、神社境内下にある手水舎(や)で水浴びする形に変更した。
 今年は藤里町から20~30代の3人が参加。少雪のため境内にもほとんど雪がないとはいえ、底冷えのする冷気の中、さらしの下帯姿に白足袋、わらじ姿の3人が順番に「セイヤ」の掛け声とともに3回水を浴びて身を清めた後、かがり火がたかれた参道を駆け上がり社殿でお払いを受けて心願成就、無病息災などを祈願した。
 参加者の一人、藤里町大沢の多賀谷優樹さん(37)は昨年から同町内でマイクログリーンの栽培を始めており、「事業が軌道に乗ることを祈願した。予想したほど冷たくはなかったが、水を浴びた後に社殿まで走るのは寒かった。それでも無事に終えることができて良かった」と晴れやかな表情を見せていた。
 山道沿いや高岩山の山肌に雪灯籠の火をともす「高岩山万燈夜(ばんとうや)」は雪不足のため中止したが、前日に雪が降ったため、青年会や地域住民が協力して社殿周辺に範囲を限定して雪灯籠を置いて彩ったほか、地元住民らも見守って小正月行事を盛り上げていた。
 伊藤会長は「藤琴川の流れが変わったので、これまでのように川岸で水浴びしてから参拝する形は難しいかもしれないが、伝統を引き継いでいきたい」と話していた。

関連記事

長野日報社

気軽に野菜作り体験 長野県富士見町に30日「JA農園」開園

 JA信州諏訪と子会社のあぐりクリエイト信州諏訪は、市民が気軽に野菜作りを体験できる「JA農園」を30日、長野県富士見町南原山に開園する。土づくり済みのミニ農地を秋まで希望者に提供する新規事業で...

マヂラブ・村上さんが新城市観光大使第1号に

 新城市は16日、市観光大使の第1号に、お笑いコンビ「マヂカルラブリー」の村上さん(39)を委嘱した。長篠出身で高校まで市内に住んでいた。  村上さんは市立鳳来中学、県立新城東高校(現新城有教...

キガシラセキレイ飛来 石垣

 キガシラセキレイが市内のほ場に渡来した。  体長16・5~18㌢の野鳥で、ロシア中西部やモンゴルなどにかけて繁殖し、冬季は中国南部やインドシナなどへ渡る。日本では旅鳥として少数が渡来し、農耕地や...

北羽新報社

高齢者施設の浴室に雄大な富士の絵 秋田公立美大生の池端さん制作

 秋田公立美術大4年でグラフィックデザインなどを学ぶ能代市西赤沼の池端咲紀さん(22)が、富士山をテーマにしたデジタル絵画2枚を制作し、同市落合の介護付き有料老人ホーム「サンビレッジ清風のしろ」...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク