全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

釧路新聞社

選手と別れ惜しむ ワイルズ最終戦【釧路市】

釧路最終戦後、選手たちとの最後の交流を楽しむファン

 釧路で活動を続けてきたプロアイスホッケーチームの北海道ワイルズが25日、釧路を本拠地とする試合の最終戦を迎えた。釧路アイスアリーナでアジアリーグに加盟する横浜グリッツと対戦し、7―2で快勝。1130人のファンが観戦しチーム、選手たちとの別れを惜しんだ。

 ホーム最終カードとなった24、25日の2試合は「標茶町スペシャルマッチデー」として開催。来場者には抽選で町の特産物などをプレゼントし、最終戦は佐藤吉彦町長も観戦した。

 試合後、セレモニーが行われ、岡本博司代表が「釧路を離れる決断をしながら、ここまで支えてくださった関係者に感謝したい」とあいさつ。「釧路の皆さまに寂しい思いをさせて申し訳ない。もし、釧路で新チームが設立できるなら、協力し、将来的に選手が行き来できるような関係を目指していきたい」と話した。

 その後、スケートリンクを開放し、ファンとの交流会を実施。来場者は目当ての選手の元に向かい、ユニホームや色紙にサインをねだったり、写真を撮ったりして交流。別れを惜しみつつも「東京でも頑張って」「今までありがとう」と言葉を交わし、今後の活躍を期待していた。

 日本製紙クレインズ時代からのファンだという釧路町の会社員寺澤一也さん(65)は「最後に良い試合を見せてもらった。釧路にはプロチームが必要。それがワイルズであってほしかった」と惜しんだ。市内の学生の西村咲輝さん(21)は通算5年チームを応援し続けてきた。「選手たちがいなくなってしまうのは寂しく、また、釧路でプロの試合が見られるようになればうれしい」と話した。

 釧路ユナイテッドCでプレーする臼井海翔君(愛国小5年)は、トップチームは幼稚園のときから好きで応援していたという。「チームがなくなるのは寂しいけど、良い環境で、好きなスポーツに打ち込めるなら良いと思う」と話した。

ワイルズの好プレーに沸いた観客席

関連記事

宇部日報社

市長賞に花園自治会、春の花壇コンクール、特別賞や最優秀賞決まる【宇部】

 宇部市春の花壇コンクールの受賞団体が決まり、最高賞の市長賞には東岐波の国道190号沿いの花壇を彩った花園自治会(伊藤昌洋会長)が輝いた。市、市ガーデンシティ緑化運動推進委員会(会長・篠﨑圭二市...

紀伊民報社

南高梅が不作 平年の3割弱 梅の着果調査

 JAや日高振興局などでつくる「日高果樹技術者協議会」は19日、和歌山県の御坊・日高の4市町で実施した本年産南高梅の着果調査結果を発表した。主産地であるみなべ町と印南町の着果数は、過去10年平均...

苫小牧市ロゴマーク制定記念 22日に切手シート発売

日本郵便北海道支社は22日から、苫小牧市のロゴマーク制定を記念したオリジナルフレーム切手の販売を始める。84円切手10枚から成るシートで1枚は市のロゴマーク、残り9枚はとまチョップが樽前山山頂に登...

荘内日報社

龍神様とご縁を結ぶ 善寳寺 「辰歳御縁年記念企画」始まる

 鶴岡市下川の龍澤山善寳寺で12年に1度の「辰歳(たつどし)御縁年記念企画」が始まった。本堂で祈祷を受けた後、奥の院・龍王殿を拝観し「龍神様」とご縁を結ぶ。このほか国の重要文化財に指定されている絵画「...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク