全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

劇団群島36年ぶり公演 名瀬、米軍統治下の刑務所描く

米軍統治下の奄美の刑務所に焦点を当てた劇団群島の舞台=23日、奄美市名瀬

 県立大島高校演劇部の出身者らを中心に1970年ごろ発足し、88年を最後に活動を中断していた劇団群島(森和正代表)の36年ぶりの公演「格子なき牢獄~ケンムンは見ていた。米軍政下のある取組~」が23日、奄美市名瀬のアマホームPLAZA(市民交流センター)であった。米軍統治下の奄美の刑務所を題材にした作品。密航などで捕まった人々の収容生活や、受刑者らに同情的だった当時の刑務所長の思いを表現した。

 同劇団の活動再開は同センターの開設がきっかけで、奄美群島の日本復帰70周年に合わせて公演を計画。80年代に活動していた団員らが中心となり、2022年に新メンバー募集を始めた。

 「格子なき牢獄」は、旧名瀬市根瀬部に設置された郊外作業所が主な舞台。密航やヤミ商売、米軍が禁止する思想的な活動などで処罰された人々が収容され、重労働に従事していた。

 役を演じた団員9人と県立奄美高校郷土芸能部員8人、踊りや歌で舞台に花を添えた根瀬部八月踊り保存会や合唱団「クール・ド・ナチュール」メンバーなど総勢約60人が出演。約200人が来場し、劇に見入った。

 劇では、郊外作業所での塩づくりなどの労働や地域住民との交流の物語が、ケンムンの語りに沿って進行。古里で戦争が続く朝鮮半島出身者の苦悩や、刑務所長の自由な管理体制に基づく少年受刑者への教育、職員と受刑者との信頼関係なども描いた。

 日本復帰の知らせを喜ぶ受刑者たちに続き、刑務所長が「きょらの心できばれよ!」と奄美の発展に期待する最後の場面では、団員らの熱演に会場から大きな拍手が鳴り響いた。

 鑑賞した中原政廣さん(74)=同市名瀬=は「実際に当時の刑務所に収容された人と話したことがある。あまり知られていない奄美の深い歴史を劇で取り上げるのは素晴らしい。感動して涙が出た」と話した。

 受刑者役で出演した奄美高校1年の中山心さん(16)は「初めての経験で緊張したが楽しめた。米軍統治下の刑務所については劇を通して初めて知り、勉強になった」と振り返った。

 脚本を手掛け、自ら刑務所長役を演じた森代表(71)は「『きょらの心』で刑務所管理を行った所長の思いを伝えた。復帰当時を経験した人が少なくなる中、演劇という形で分かりやすく奄美の近代史を継承できたら」と語った。

関連記事

長野日報社

気軽に野菜作り体験 長野県富士見町に30日「JA農園」開園

 JA信州諏訪と子会社のあぐりクリエイト信州諏訪は、市民が気軽に野菜作りを体験できる「JA農園」を30日、長野県富士見町南原山に開園する。土づくり済みのミニ農地を秋まで希望者に提供する新規事業で...

マヂラブ・村上さんが新城市観光大使第1号に

 新城市は16日、市観光大使の第1号に、お笑いコンビ「マヂカルラブリー」の村上さん(39)を委嘱した。長篠出身で高校まで市内に住んでいた。  村上さんは市立鳳来中学、県立新城東高校(現新城有教...

キガシラセキレイ飛来 石垣

 キガシラセキレイが市内のほ場に渡来した。  体長16・5~18㌢の野鳥で、ロシア中西部やモンゴルなどにかけて繁殖し、冬季は中国南部やインドシナなどへ渡る。日本では旅鳥として少数が渡来し、農耕地や...

北羽新報社

高齢者施設の浴室に雄大な富士の絵 秋田公立美大生の池端さん制作

 秋田公立美術大4年でグラフィックデザインなどを学ぶ能代市西赤沼の池端咲紀さん(22)が、富士山をテーマにしたデジタル絵画2枚を制作し、同市落合の介護付き有料老人ホーム「サンビレッジ清風のしろ」...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク