全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

釧路新聞社

花粉ゼロの釧路 長期滞在 市が「避粉」キャンペーン【釧路市】

 スギやヒノキの花粉がない利点を冬季の長期滞在者増加につなげようと、釧路市は「花粉ゼロくしろで避粉キャンペーン」に取り組んでいる。期間中は滞在者にノベルティを配布しており、事務局の市市民協働推進課は積極的な利用を呼び掛けている。

 涼しさや魅力あふれる自然、食を前面に推し出した釧路市の長期滞在は、首都圏を中心にリピーターが多く、23年度上半期(4~9月)は滞在人数1542人、延べ滞在日数423日と好調に推移。道が取りまとめを行う北海道体験移住「ちょっと暮らし」事業においては、滞在者数、延べ滞在日数ともに12年連続で1位を獲得している。

 一方で、4~10月の長期滞在者数が年間の8割を占めており、冬季は極端に少ない。長期滞在をビジネスにつなげるには通年化が課題となっており、市の長期滞在事業の中心的役割を担う「くしろ長期滞在ビジネス研究会」を中心に検討が重ねられてきた。

 今回のキャンペーンでは、釧路地方にスギ・ヒノキが自生していないことから花粉症患者などをターゲットに、「花粉のない街くしろ」「免疫力を高めるビタミンDの生成に必要な日照時間が長い」「ビタミンDが多く含まれる魚が豊富」の3点を大々的にPR。さらに、先着100人の長期滞在者(市内3泊以上)にノベルティとしてイワシのアーモンドフィッシュを1人1個プレゼントする。

 22日には阪急交通社のツアー参加者26人にノベルティを配布し、花粉ゼロをアピール。山口県から夫婦でツアーに参加した藤本尚代さんは「冬のくしろでタンチョウを見るのが楽しみ。キャンペーンは、花粉症の人に良いセールスポイントになるのではないか」と話していた。

 キャンペーンは3月31日までで、ノベルティがなくなり次第終了。市役所内の同課や同研究会会員の長期滞在施設などで配付している。

キャンペーンなどについて説明する市職員(奥)

関連記事

宇部日報社

市長賞に花園自治会、春の花壇コンクール、特別賞や最優秀賞決まる【宇部】

 宇部市春の花壇コンクールの受賞団体が決まり、最高賞の市長賞には東岐波の国道190号沿いの花壇を彩った花園自治会(伊藤昌洋会長)が輝いた。市、市ガーデンシティ緑化運動推進委員会(会長・篠﨑圭二市...

紀伊民報社

南高梅が不作 平年の3割弱 梅の着果調査

 JAや日高振興局などでつくる「日高果樹技術者協議会」は19日、和歌山県の御坊・日高の4市町で実施した本年産南高梅の着果調査結果を発表した。主産地であるみなべ町と印南町の着果数は、過去10年平均...

苫小牧市ロゴマーク制定記念 22日に切手シート発売

日本郵便北海道支社は22日から、苫小牧市のロゴマーク制定を記念したオリジナルフレーム切手の販売を始める。84円切手10枚から成るシートで1枚は市のロゴマーク、残り9枚はとまチョップが樽前山山頂に登...

荘内日報社

龍神様とご縁を結ぶ 善寳寺 「辰歳御縁年記念企画」始まる

 鶴岡市下川の龍澤山善寳寺で12年に1度の「辰歳(たつどし)御縁年記念企画」が始まった。本堂で祈祷を受けた後、奥の院・龍王殿を拝観し「龍神様」とご縁を結ぶ。このほか国の重要文化財に指定されている絵画「...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク