全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

下諏訪町のケヤキ移植 CF目標達成間近

赤砂崎公園右岸広場に移植された町道田中線のケヤキ(左側2本が今年度移植したもの)

赤砂崎公園右岸広場に移植された町道田中線のケヤキ(左側2本が今年度移植したもの)

長野県下諏訪町が実施中の町道田中線歩道改良工事に伴うケヤキ移植の費用を募るクラウドファンディング(CF)が、目標金額達成間近となっている。ふるさと納税のポータルサイト「ふるさとチョイス」を活用し、ケヤキ2本の移植費用約260万円のうちの100万円を目標額に設定。昨年12月1日に開始し、今月21日までに町内外の23人から96万9000円が寄せられた。受付期間は28日まで。

同改良工事は当初、砥川西交差点から役場前交差点までの歩道に植えられたケヤキ57本すべてを伐採する計画だったが、住民からの伐採を惜しむ声を受けて計画を変更。砥川西交差点から下諏訪消防署前までの26本は可能と判断したものを移植し、消防署前から町役場前までの31本は伐採せず残す方針とした。

昨年度は砥川西交差点から清水橋までの10本のうち2本を同町の赤砂崎公園右岸広場に移植。今年度は清水橋から消防署前までの16本のうち2本を移植可能と判断し、17日に昨年度植えた2本の近くに移植した。今後、毎月樹木医の資格を持つ造園業者が水や肥料を与えながら、根付くか経過観察していくという。

CFは町内外問わず賛同を呼び掛け、町外の人はふるさと納税と同様に返礼品の受け取りや税金の控除を受けられる。宮坂徹町長は「移植事業に賛同し、善意を寄せていただいた皆さんに心から感謝したい。しっかり根付き、公園利用者のよりどころとなる木陰ができたら」と話している。

下諏訪町は3月10日、まきなどに利用してもらおうと、伐採したケヤキの枝と幹を切った50センチほどの丸太を、赤砂崎公園左岸北側の空き地で無料配布する。時間は午前9時~午後1時。1人軽トラック1台分までとし、無くなり次第終了する。営利目的の利用は禁止。詳しい場所や注意事項などは町ホームページへ。

関連記事

長野日報社

気軽に野菜作り体験 長野県富士見町に30日「JA農園」開園

 JA信州諏訪と子会社のあぐりクリエイト信州諏訪は、市民が気軽に野菜作りを体験できる「JA農園」を30日、長野県富士見町南原山に開園する。土づくり済みのミニ農地を秋まで希望者に提供する新規事業で...

マヂラブ・村上さんが新城市観光大使第1号に

 新城市は16日、市観光大使の第1号に、お笑いコンビ「マヂカルラブリー」の村上さん(39)を委嘱した。長篠出身で高校まで市内に住んでいた。  村上さんは市立鳳来中学、県立新城東高校(現新城有教...

キガシラセキレイ飛来 石垣

 キガシラセキレイが市内のほ場に渡来した。  体長16・5~18㌢の野鳥で、ロシア中西部やモンゴルなどにかけて繁殖し、冬季は中国南部やインドシナなどへ渡る。日本では旅鳥として少数が渡来し、農耕地や...

北羽新報社

高齢者施設の浴室に雄大な富士の絵 秋田公立美大生の池端さん制作

 秋田公立美術大4年でグラフィックデザインなどを学ぶ能代市西赤沼の池端咲紀さん(22)が、富士山をテーマにしたデジタル絵画2枚を制作し、同市落合の介護付き有料老人ホーム「サンビレッジ清風のしろ」...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク