全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

「鉄腕アトム」と「諏訪大社下社」 マンホールのふた設置 長野県下諏訪町

八幡坂高札ひろばに設置した秋宮版のマンホールふた

 長野県下諏訪町は21日、鉄腕アトムと諏訪大社下社をあしらった下水道デザインマンホールのふたを、大社通りの八幡坂高札ひろばと「おんばしら館よいさ」に設置した。同漫画の作者・手塚治虫がかつて下社最高位の役職「大祝」を務めた金刺氏の末裔とされている縁で製作。住民の下水道整備への理解と関心を深めるとともに、下諏訪への来訪者増加にもつなげたい考えだ。

 手塚治虫は鎌倉時代の大祝・金刺盛澄の弟である手塚太郎光盛の子孫とされており、これまで諏訪大社と手塚プロダクション(東京都)が連携して記念品を製作したこともある。今回、諏訪大社と手塚プロダクションにも相談して実現。ふたは秋宮版と春宮版の2種類で、それぞれ設置用と展示用の2枚作った。

 八幡坂高札ひろばの大社通り側に設置した秋宮版は、秋宮の幣拝殿の前に立つアトムとお茶の水博士。「おんばしら館よいさ」あずまや前の春宮版は、春宮を背景に空を飛ぶアトムが描かれている。ふたには盗難防止用にマンホール内部にチェーンを取り付けた。同じデザインの展示用は町役場1階ロビーに2枚並べて飾っている。

 宮坂徹町長は「ぜひ関心のある方は下諏訪に来て見てもらいたい」と期待。また、1月の能登半島地震に触れて「改めてインフラ整備の重要さを感じた。住民の皆さんの上下水道整備への理解にもつながれば」と話した。

関連記事

長野日報社

気軽に野菜作り体験 長野県富士見町に30日「JA農園」開園

 JA信州諏訪と子会社のあぐりクリエイト信州諏訪は、市民が気軽に野菜作りを体験できる「JA農園」を30日、長野県富士見町南原山に開園する。土づくり済みのミニ農地を秋まで希望者に提供する新規事業で...

マヂラブ・村上さんが新城市観光大使第1号に

 新城市は16日、市観光大使の第1号に、お笑いコンビ「マヂカルラブリー」の村上さん(39)を委嘱した。長篠出身で高校まで市内に住んでいた。  村上さんは市立鳳来中学、県立新城東高校(現新城有教...

キガシラセキレイ飛来 石垣

 キガシラセキレイが市内のほ場に渡来した。  体長16・5~18㌢の野鳥で、ロシア中西部やモンゴルなどにかけて繁殖し、冬季は中国南部やインドシナなどへ渡る。日本では旅鳥として少数が渡来し、農耕地や...

北羽新報社

高齢者施設の浴室に雄大な富士の絵 秋田公立美大生の池端さん制作

 秋田公立美術大4年でグラフィックデザインなどを学ぶ能代市西赤沼の池端咲紀さん(22)が、富士山をテーマにしたデジタル絵画2枚を制作し、同市落合の介護付き有料老人ホーム「サンビレッジ清風のしろ」...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク