全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

むかわ竜 沖縄上陸 私費でレプリカ寄贈 札幌在住の植田さん

むかわ町穂別地区で発掘された全身恐竜「カムイサウルス・ジャポニクス」(通称むかわ竜)の全長約8メートルの巨大復元骨格(レプリカ)が20日、沖縄県立博物館・美術館(那覇市)で初めてお披露目された。札幌市内在住の会社役員、植田英隆さん(78)がかつて戦場となった沖縄への鎮魂、経済発展などの思いも込めて私費でレプリカを購入し、県に寄贈した。

沖縄県立博物館・美術館のエントランスに登場したむかわ竜の巨大レプリカ。中央が植田さん(むかわ町提供)

 植田さんは、終戦が迫っていた1945年4月に生まれた。母から「空襲警報が鳴ると、赤子の私は抱かれて防空壕に入った」と当時の話を聞かされて育ち、自身の新婚旅行ではひめゆりの塔などを訪れ、平和への思いを一層強くしたという。

 その傍ら、学生時代から古生物へ興味を抱き、地元北海道でむかわ竜が発見されたニュースを聞いて、「レプリカを購入したい」と思っていた。昨年11月に母が満100歳の誕生日を迎えたことをきっかけにレプリカを購入し、平和への願いとともに沖縄に寄贈することを決めた。

 プレゼントしたレプリカは全長8メートル、高さ3・2メートルほどで約2200万円。20日に同博物館・美術館で開かれたセレモニーで感謝状などを贈られ、植田さんは「思ってもいなかった表彰までしていただき、一生の記念になる。母親にも報告したい」と喜びを語った。同席した竹中喜之町長は、植田さんの思いと受け入れを整えた県に感謝の意を示しながら、「このご縁が沖縄と北海道を竜でつなげる交流の懸け橋として、新たにちむどんどん(胸がわくわく)する地球物語が展開されることを願う」と話した。

 むかわ竜のレプリカは12月まで、同博物館・美術館のエントランスで展示され、その後、館内の特別展や離島での展示会で活用される予定。玉城デニー県知事は「このレプリカを見た子どもたちが目を輝かせ、生命進化の不思議を感じるとともに、沖縄からも恐竜の発見を―と夢を抱くに違いない。県民や観光客の皆さんの自然史への興味を一層高めるものになる」と謝辞を述べた。

関連記事

釧路新聞社

阿寒湖のマリモ 25年度以降保全対策を試行【釧路市】

 国の特別天然記念物「阿寒湖のマリモ」の保護と普及啓発、湖の環境保全や適正利用に取り組む官民団体「阿寒湖のマリモ保全推進委員会」(小林道之会長)は21日、釧路市の阿寒湖まりむ館で2024年度総会を...

釧路新聞社

タンチョウのひな2年ぶり誕生 動物園ですくすく【釧路市】

 釧路市動物園(鈴木貴博園長)は21日、タンチョウのひな1羽が生まれたと発表した。同園での繁殖は2022年以来2年ぶり。  父親のコウ(13年か14年生まれ)と母親のアミ(16年生まれ)が4月9...

長野日報社

長野県飯島町の「wave」が稲作の実証実験 ドローンで直播栽培

 長野県飯島町で農業用ドローンの販売から作業メンテナンスを手掛けるシステム開発の「wave」は、小型無人機ドローンを使った稲作の実証実験に取り組んでいる。同町岩間にある同社隣接の水田で、鉄コーティ...

紀伊民報社

印南で小玉スイカ収穫 甘くてシャリシャリ

 JA紀州(本所・和歌山県御坊市)管内で、夏の風物詩となっている小玉スイカが収穫されている。生産が盛んな印南町では7月末まで、農家が丹精込めて育てたスイカの収穫が続く。  小玉スイカは皮が薄く...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク