全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

池田の食観光、可能性は 商品化へツアー試行

 池田町観光協会と町が商品化を目指す「いけだガストロノミーツアー」のモニターツアーが17日に行われた。十勝管内外からの参加者たちが、いけだ牛の生産現場や2カ所のワイナリーを巡り、ワイン城・貴賓室でのスペシャルディナーを堪能した。

ワイン城の貴賓室でディナーを楽しむ参加者。中央は安井町長

 町の豊富な食文化を広く発信し、観光需要が落ち込む冬季観光の新たな可能性を探ろうと実施。札幌や上川管内上富良野町、帯広などから20~60代の17人が参加した。

 JR帯広駅に集合した参加者はバスで池田へ。いけだ牛の肥育拠点の一つである小原牧場を訪問し、十勝まきばの家とワイン城のワイナリーを見学し、テイスティングを楽しんだ。

 ツアーを締めくくるワイン城貴賓室でのディナーには安井美裕町長、一般社団法人いけだワイン城理事長の餌取光一副町長も参加。「ブルーム山幸」で乾杯し、参加者は「池田町産インカのめざめとメークインのポタージュ」「いけだ牛サーロインステーキ 山幸の赤ワインソース」など、さまざまなワインに合わせたコース料理を味わった。

 安井町長は「十勝ワインのブドウの交配はこれまで2万1000種類を超えている」など十勝ワインに関するうんちくを披露し、参加者はワインに舌鼓を打ちながら耳を傾けた。メニューリストにはない「山幸」の前身のオールドビンテージ(非売品)も特別に提供された。

 札幌市の朝妻清宗さん(75)は「ワインが好きで全道を飲み歩いている。(ツアーの)中身が濃く非常に良かった。商品化されたら友達を連れてきたい」と話していた。

 町観光協会では、モニターのアンケートを参考に、商品化に向け、ツアーのターゲット層や価格帯などを検討していく。

関連記事

長野日報社

気軽に野菜作り体験 長野県富士見町に30日「JA農園」開園

 JA信州諏訪と子会社のあぐりクリエイト信州諏訪は、市民が気軽に野菜作りを体験できる「JA農園」を30日、長野県富士見町南原山に開園する。土づくり済みのミニ農地を秋まで希望者に提供する新規事業で...

マヂラブ・村上さんが新城市観光大使第1号に

 新城市は16日、市観光大使の第1号に、お笑いコンビ「マヂカルラブリー」の村上さん(39)を委嘱した。長篠出身で高校まで市内に住んでいた。  村上さんは市立鳳来中学、県立新城東高校(現新城有教...

キガシラセキレイ飛来 石垣

 キガシラセキレイが市内のほ場に渡来した。  体長16・5~18㌢の野鳥で、ロシア中西部やモンゴルなどにかけて繁殖し、冬季は中国南部やインドシナなどへ渡る。日本では旅鳥として少数が渡来し、農耕地や...

北羽新報社

高齢者施設の浴室に雄大な富士の絵 秋田公立美大生の池端さん制作

 秋田公立美術大4年でグラフィックデザインなどを学ぶ能代市西赤沼の池端咲紀さん(22)が、富士山をテーマにしたデジタル絵画2枚を制作し、同市落合の介護付き有料老人ホーム「サンビレッジ清風のしろ」...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク