全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

釧路新聞社

暖かい南国でチーム強化 別海高野球部、鹿児島合宿順調【鹿児島】

甲子園でまず1勝」を掲げ、鹿児島の地で練習する選手たち

 【鹿児島】第96回選抜高校野球大会(日本高野連など主催)に21世紀枠で初出場する別海高校野球部が、県内の小野公園野球場(鹿児島市)などで合宿を行っている。「甲子園でまず1勝」を目標に、約2500㌔離れた南国で、地域への思いも乗せて汗を流している。

 合宿は26日までの10泊11日。選手たちには約4カ月ぶりのグラウンドでの練習と、これまで人工芝の球場での試合だったため、土のグラウンドでの実戦感覚を養うことを目的としている。

 20日の鹿児島市の最高気温は21度、湿度88%と蒸し暑い天気。当初は雨天が予想されていたが、日中雨は降らず、選手たちは若干ぬかるんだグラウンドで練習をこなした。

 朝9時から始まった練習は、約1時間かけてダッシュやポール間走などで体をほぐした後、キャッチボール、シートノックに続いて投内連係を行い、走者がいるときの内野の動きを入念に確認した。午後からは2カ所でフリーバッティングを行い、球場には選手だけでなくコーチ、監督の活気ある声が響いていた。

 中道航太郎主将は「甲子園は土のグラウンド。イレギュラーなどの打球感をチーム全体で共有したい。このような合宿ができて本当にありがたいです」。主戦の堺暖貴投手は「まずは投球フォームをきっちりと固めていきたい。鹿児島はとても暖かいので、練習がしやすくてありがたいです」と語った。

 島影隆啓監督は「今のところはとても順調にきていて、選手たちもよく頑張っている。残りは実戦形式も踏まえて、経験を積んでいきたい」と話していた。

関連記事

長野日報社

気軽に野菜作り体験 長野県富士見町に30日「JA農園」開園

 JA信州諏訪と子会社のあぐりクリエイト信州諏訪は、市民が気軽に野菜作りを体験できる「JA農園」を30日、長野県富士見町南原山に開園する。土づくり済みのミニ農地を秋まで希望者に提供する新規事業で...

マヂラブ・村上さんが新城市観光大使第1号に

 新城市は16日、市観光大使の第1号に、お笑いコンビ「マヂカルラブリー」の村上さん(39)を委嘱した。長篠出身で高校まで市内に住んでいた。  村上さんは市立鳳来中学、県立新城東高校(現新城有教...

キガシラセキレイ飛来 石垣

 キガシラセキレイが市内のほ場に渡来した。  体長16・5~18㌢の野鳥で、ロシア中西部やモンゴルなどにかけて繁殖し、冬季は中国南部やインドシナなどへ渡る。日本では旅鳥として少数が渡来し、農耕地や...

北羽新報社

高齢者施設の浴室に雄大な富士の絵 秋田公立美大生の池端さん制作

 秋田公立美術大4年でグラフィックデザインなどを学ぶ能代市西赤沼の池端咲紀さん(22)が、富士山をテーマにしたデジタル絵画2枚を制作し、同市落合の介護付き有料老人ホーム「サンビレッジ清風のしろ」...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク