全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

酒田市美術館 新田コレクション展開幕 大家の日本画紹介 応挙、探幽ら 「本物の美に触れてほしい」

 新田嘉一平田牧場グループ会長(90)=酒田市楢橋、市名誉市民=が収集した美術コレクション「新田嘉一コレクション」のうち、国内外の大家の日本画を紹介する「新田嘉一コレクション展―日本画の名品を中心に」が18日、市美術館(石川好館長)で開幕。高い審美眼でえりすぐった計16点が並び、新田会長は「より多くの市民に見てもらいたい」と話している。

新田嘉一コレクション展が開幕。初日から大勢が鑑賞に訪れた

 2022年夏に開催した「珠玉のフランス絵画を中心に」、昨年冬の「陶芸逸品展」に続く市美術館におけるコレクション展の第3弾となった今回のテーマは「日本画」。現代まで系統が続く「円山派」の祖であり、写生を重視した名品を残す円山応挙(1733―95年)、狩野派を代表する探幽(1602―74年)、文化勲章受章者で近代日本画の巨匠・横山大観(1868―1958年)、同じく文化勲章を受けた前田青邨(1885―1977年)らとともに、中国河南省出身で「現代人物画の最高峰の一人」と称された黄冑氏(1925―97年)の作品が並ぶ。

 応挙の「韓愈雪行図」は6曲1双の屏風(びょうぶ)。落款印譜から天明7(1786)年、55歳の作品とみられ、国宝「雪松図」(三井記念美術館所蔵)に並ぶ円熟期の作品で、海外流出の恐れがあったことから新田会長は急きょ買い求めた。「国宝であってもおかしくない、日本にあってこその作品と思った」と入手当時を振り返る。松も山もほとんど輪郭線が用いられず、淡墨で暗い部分を書き込むことでものの形を表している。

 会場となった常設展示室2で初日午後に開幕式が行われ、来館者ら約50人が出席。石川館長は円山派や狩野派の系統について解説した後、「新田会長からは物心両面で市美術館を支えてもらっている。共にこの美術館を発展させたい」とあいさつ。矢口明子市長と佐藤猛市議会議長の祝辞に続いて新田会長は、新田家に代々伝わる探幽の真筆「寿老人」に触れ、「幼少の頃からこの絵を見て育ったこともあり、画家になりたいと思ったこともあった。持っている作品を見てもらうことはありがたい。多くの市民、特に若い人から『本物の美』に触れてもらいたい」と述べた。

応挙の屏風図を背景にあいさつする新田会長

 市民ギャラリーでは、新田嘉一コレクションのうち森田茂画伯の大作など洋画13点を展示している。期間は3月10日(日)まで。

関連記事

紀伊民報社

幸福の黄色いカエル 和歌山県立自然博物館で展示

 和歌山県田辺市の大塔地域で、黄色いカエルが見つかった。通常は緑色をしたシュレーゲルアオガエル(アオガエル科)の色彩変異個体。展示を始めた県立自然博物館(海南市船尾)によると、目立つために捕食者...

ご当地グルメに舌鼓 「大北海道うまいもの市」盛況 苫小牧

苫小牧市表町のグランドホテルニュー王子1階旧レストランハルニレで22日、物産展「大北海道うまいもの市」が始まった。稚内や旭川、釧路、函館など全道各地の特産品やご当地グルメなど約150品目が並び、買...

黒ニンニク ペーストに 熟成で甘く、臭いも軽減 JA十勝清水町

 JA十勝清水町(氷見隆雄組合長)は、清水産ニンニクを原料にした新商品「十勝熟成黒にんにくペースト」(1300円、瓶詰め100グラム)を開発した。サツドラ十勝清水店内の同JAアンテナショップではす...

荘内日報社

郷土食を気軽に“見える化” 「笹巻」まちなか店舗提供テスト事業 鶴岡商議所

 鶴岡商工会議所は、郷土食の提供店の〝見える化〟や、市街地で郷土食が気軽に食べられる仕組みづくりの構築に向けたテスト事業として、市内の飲食店で笹巻の提供を期間限定で行っている。実施店の反応や消費者...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク