全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

北羽新報社

中国出身者と茶道で交流 能代市日中友好協会

茶道の体験を通じて日本文化に触れた参加者たち(能代市柳町のプラザ都で)

 能代市日本中国友好協会(熊谷勝会長)は18日、同市柳町のプラザ都で能代山本在住の中国出身者との交流会を開いた。参加者は日本文化の茶道を体験したほか、昼食を一緒に食べながら歓談し交流を深めていた。
 同協会は、長年にわたり中国出身者との交流に力を入れており、この日は会員や中国出身者合わせて約20人が参加した。
 はじめに熊谷会長があいさつに立ち、尖閣諸島の領有権、東京電力福島第一原子力発電所の処理水といった諸問題を挙げながらも「両国の関係は別として、この交流会を通じて良い関係を築いていけたら。ざっくばらんに何でも話し合い、楽しくやっていきましょう」とあいさつした。
 続いて行われた茶道体験では、茶道をたしなむボランティアを講師に迎え、参加者が茶せんの使い方を教わりながら茶をたてたり、茶席の作法を学んだりして、日本の伝統文化に触れた。
 その後、中国吉林省出身で、シイタケ栽培などを手掛ける能延通商(同市須田)代表取締役の工藤美惠さんが講話。中国残留孤児だった父をはじめ家族11人で来日したが、慣れない環境での生活や言葉の壁で「最初は日本へ行くことに大きな夢や希望を持っていたが、現実は大変だった」と振り返った。
 市内のホテルなどでの勤務を経て同社を起業。能代と生まれ故郷の吉林省延吉市から1字ずつ取って名付けたとし、日中の懸け橋を目指す思いを語った上で「これからもお客さまを第一に考え、品質の高い製品を提供していく。シイタケや野菜の栽培を通じて能代の役に立ちたい」と締めくくった。
 講話後の昼食会では、同協会の活動などを写真で振り返りながら歓談し、親睦を深め合っていた。

関連記事

長野日報社

気軽に野菜作り体験 長野県富士見町に30日「JA農園」開園

 JA信州諏訪と子会社のあぐりクリエイト信州諏訪は、市民が気軽に野菜作りを体験できる「JA農園」を30日、長野県富士見町南原山に開園する。土づくり済みのミニ農地を秋まで希望者に提供する新規事業で...

マヂラブ・村上さんが新城市観光大使第1号に

 新城市は16日、市観光大使の第1号に、お笑いコンビ「マヂカルラブリー」の村上さん(39)を委嘱した。長篠出身で高校まで市内に住んでいた。  村上さんは市立鳳来中学、県立新城東高校(現新城有教...

キガシラセキレイ飛来 石垣

 キガシラセキレイが市内のほ場に渡来した。  体長16・5~18㌢の野鳥で、ロシア中西部やモンゴルなどにかけて繁殖し、冬季は中国南部やインドシナなどへ渡る。日本では旅鳥として少数が渡来し、農耕地や...

北羽新報社

高齢者施設の浴室に雄大な富士の絵 秋田公立美大生の池端さん制作

 秋田公立美術大4年でグラフィックデザインなどを学ぶ能代市西赤沼の池端咲紀さん(22)が、富士山をテーマにしたデジタル絵画2枚を制作し、同市落合の介護付き有料老人ホーム「サンビレッジ清風のしろ」...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク