全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

釧路新聞社

平時と災害時 両方で活用 可動式住宅を導入【釧路市】

スロープの取り付け作業が行われているムービングハウス

 釧路市は、平時と災害時の両方に使える可動式住宅(ムービングハウス)を導入した。22日から市動物園(鈴木貴博園長)の来園者用休憩所として平時は利用し、災害時にはトレーラーで移動させ、さまざまな用途に活用する。

 導入したムービングハウスは幅12㍍、奥行き2・4㍍、高さ3㍍で、延べ床面積が28・8平方㍍。室内にはエアコン1台とコンセント五つ、発光ダイオード(LED)照明を設置しており、電力は屋根に取り付けた太陽光パネルで賄う。総額約1700万円で、環境省の補助金を活用する。

 平時は同動物園の中央広場に設置し、主に来園者の休憩所として利活用するほか、動物のパネル展示やパンフレット配置、イベントの情報発信などを行うほか、災害時に搬出して活用する内容の情報を掲示し、被災時対応についての理解や防災意識の向上を図る。

 非常時には、ボランティアの活動支援拠点や避難所しての利用などを想定。クレーンでつり上げ、トレーラーに載せて移動させることができ、他自治体の被災時には各種防災協定に基づく応援要請に応じて貸与することも可能としている。

 同ハウスについては、2021年から道東6市の中で協議が進められ、今年度は釧路市と帯広市が導入を決めた。鈴木園長は「非常時には移動することとなるが、まずは平時利用として来園者の休憩所になる。ご来園の際には、ぜひ立ち寄っていただきたい」と話している。

関連記事

長野日報社

気軽に野菜作り体験 長野県富士見町に30日「JA農園」開園

 JA信州諏訪と子会社のあぐりクリエイト信州諏訪は、市民が気軽に野菜作りを体験できる「JA農園」を30日、長野県富士見町南原山に開園する。土づくり済みのミニ農地を秋まで希望者に提供する新規事業で...

マヂラブ・村上さんが新城市観光大使第1号に

 新城市は16日、市観光大使の第1号に、お笑いコンビ「マヂカルラブリー」の村上さん(39)を委嘱した。長篠出身で高校まで市内に住んでいた。  村上さんは市立鳳来中学、県立新城東高校(現新城有教...

キガシラセキレイ飛来 石垣

 キガシラセキレイが市内のほ場に渡来した。  体長16・5~18㌢の野鳥で、ロシア中西部やモンゴルなどにかけて繁殖し、冬季は中国南部やインドシナなどへ渡る。日本では旅鳥として少数が渡来し、農耕地や...

北羽新報社

高齢者施設の浴室に雄大な富士の絵 秋田公立美大生の池端さん制作

 秋田公立美術大4年でグラフィックデザインなどを学ぶ能代市西赤沼の池端咲紀さん(22)が、富士山をテーマにしたデジタル絵画2枚を制作し、同市落合の介護付き有料老人ホーム「サンビレッジ清風のしろ」...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク