全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

「べっぴん深海漁」料理

「べっぴん深海魚」の展開についてアドバイスする後藤さん=蒲郡市三谷町で

 蒲郡市観光協会(杉山和弘会長)の調理長料理長研修会が21日、同市三谷町の旅館平野屋で開かれた。市内の漁港で水揚げされる深海漁を使った揚げ物と特製ソースで提供する「べっぴん深海魚」を加盟施設でPR展開していくことを考えた。  特別な品の意味がある「べっぴん」は三河地方が由来とされるのに着目。市内の西浦と形原地区の漁港で水揚げされるメヒカリやニギスなどの深海魚の揚げ物に、みそや酢、しょうゆ、みりんなど三河地方で製造される醸造品を使ったソースで提供していく。  研修会ではフードコーディネーターの後藤かをりさんは、「メニュー開発には宿泊施設のイメージ、開発コンセプト、宿泊客に理解される料理であるのかがポイント」とアドバイス。また「シニア層へのアンケートでは新鮮な魚介類を求めており、メニューに工夫があることが必要」と説明した。  この後、同旅館の小西政男料理長が調理した会席料理を試食。「べっぴん深海魚」では「マトウダイ」の身にスライスしたジャガイモをまぶして揚げてカナッペ風としたほか、「ニギス」をみの揚げ、「メヒカリ」を蒲郡ミカンの果汁を加えたものの3品を提供。キウイとみそを合わせたソースなどで味わった。

関連記事

豊橋名物「濱納豆」普及へ 國松本店がイベント

 発酵食品「濱納豆(はまなっとう)」の製造販売を手がける豊橋市船町の「國松本店」は10日、濱納豆普及のワークショップや料理のプレゼンテーションを本店イベントホールで開いた。  創業140年。...

帯広・福原がチルド弁当 自社開発、レンジでおいしく 食品ロスも削減

 食品スーパーマーケット地場大手・福原(帯広市、福原郁治社長)は、チルド弁当を自社開発し、「ハピネス・デリカ」のブランド名で販売を始めた。自社工場を持つ強みを生かし、1個400円台(税抜き)の価格...

節目おいしく 音更・ハピオ30周年ハピまん、帯広・東洋食肉10周年鶏まん

 今年で開店30周年を迎えた木野農協系スーパー・ハピオ(音更町、黒田浩光社長)と、開所10周年を迎えた東洋食肉販売十勝事業所(帯広市、片山丈浩所長)はそれぞれ、記念企画として新商品の中華まんじゅう...

長野日報社

南箕輪開発公社 ハナマルキとコラボの「塩こうじプリン」6日から販売 長野県

長野県の南箕輪村開発公社(原賢三郎社長)とみそ・醸造製品メーカー「ハナマルキ」(本社・伊那市)が塩こうじを使った「塩こうじプリン」を開発し、6日から販売を開始する。同公社が企画、販売する人気商...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク