全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

イノシシ被害が急増 芝掘り起こされ、利用に影響も

イノシシに掘り起こされて利用できなくなっているBMX用のコース=12日午後、バンナ公園BMXサイクル広場

 県営バンナ公園内で昨年4月以降、芝生が掘り起こされるなどのイノシシ被害が急増している。恒例のドッグランが中止に追い込まれるなど公園利用に影響が出ている。県都市公園課によると、これまで同公園内ではイノシシ被害の報告はなかった。ドングリの不作や周辺ほ場のイノシシ対策強化が影響しているとみられている。

 バンナ公園管理事務所によると、7カ所で特に被害が大きく、このうちBMXサイクル広場では広範囲に芝生が掘り返されており、予定されていた恒例行事のドッグランが開催できない状況となった。  12日にBMXサイクル広場を家族で訪れた男性は「BMXのコースが使えないので、大きな子から小さな子まで、隣りの舗装されたコースで遊んでいる。ぶつかったりしないか心配だ」と話した。

 イノシシの被害を巡っては、同公園周辺や開南地区の農家からも市などへ報告が上がっており、昨年度は149件と例年の倍以上に。農家や猟友会などからは、石垣駐屯地の工事や干ばつの影響が指摘されているが、原因は分かっておらず、市農政経済課も「特定できない」としている。

 県都市公園課の担当者は「これまでバンナ公園内でのイノシシ被害の話はほとんど出ていないが、今年度から報告を聞くようになった。可能なところから埋め戻すなどしていく。今後は情報収集などをしながら対策を検討していきたい」と話している。

 一方、園内では、イノシシ出没に起因するものかどうか不明だが、ダニの被害も増えており、同事務所では「皮膚に付いたダニを無理やり取ると皮下に頭が残ることがある。必ず病院で処置してほしい」と注意を呼びかけている。

関連記事

長野日報社

気軽に野菜作り体験 長野県富士見町に30日「JA農園」開園

 JA信州諏訪と子会社のあぐりクリエイト信州諏訪は、市民が気軽に野菜作りを体験できる「JA農園」を30日、長野県富士見町南原山に開園する。土づくり済みのミニ農地を秋まで希望者に提供する新規事業で...

マヂラブ・村上さんが新城市観光大使第1号に

 新城市は16日、市観光大使の第1号に、お笑いコンビ「マヂカルラブリー」の村上さん(39)を委嘱した。長篠出身で高校まで市内に住んでいた。  村上さんは市立鳳来中学、県立新城東高校(現新城有教...

キガシラセキレイ飛来 石垣

 キガシラセキレイが市内のほ場に渡来した。  体長16・5~18㌢の野鳥で、ロシア中西部やモンゴルなどにかけて繁殖し、冬季は中国南部やインドシナなどへ渡る。日本では旅鳥として少数が渡来し、農耕地や...

北羽新報社

高齢者施設の浴室に雄大な富士の絵 秋田公立美大生の池端さん制作

 秋田公立美術大4年でグラフィックデザインなどを学ぶ能代市西赤沼の池端咲紀さん(22)が、富士山をテーマにしたデジタル絵画2枚を制作し、同市落合の介護付き有料老人ホーム「サンビレッジ清風のしろ」...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク