全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

ヒツジ研究半世紀一冊に 帯広畜大の福井名誉教授が自費出版

 帯広畜産大学名誉教授の福井豊さん(75)=音更町在住=がヒツジとの関わりについて記した本「羊と豊心」を自費出版した。ヒツジの繁殖に関する研究を50年以上続けている福井さんは「北海道のヒツジの繁殖や増産に少しでも役立てばうれしい」と話している。

出版した「羊と豊心」を手にする福井さん

繁殖技術紹介「価値見直して」
 福井さんは大阪市出身。山口大獣医学科、北大大学院獣医学研究科を経て、1972年に豪州ニューサウスウェールズ大の羊毛・牧畜学科に留学。「そこで季節繁殖するヒツジに興味を持った」と振り返る。

 帯畜大には80年着任。本では自身の半生や英国やニュージーランドに客員研究員として滞在して学んだ人工授精技術、現在普及を進めている子宮内人工授精(ラパAI)などを紹介している。写真も多数掲載し、ラパAIの受胎成績なども示している。

 福井さんは同大を退職した2012年に「北海道シープ・ブリーディング・サービス(家畜人工授精所)」を設立。道内各地でヒツジの人工授精を手掛け、「道内の飼養頭数は減少しているが、利用価値のあるヒツジを改めて見直してほしい」と話している。

 A4判76ページ。150部制作した。表紙には1984年当時、ヒツジと触れ合う36歳の福井さんの写真を載せている。

 「羊と豊心」に関する問い合わせは福井さん(電話080・6093・7157、Eメールshemy@zpost.plala.or.jp)へ。

関連記事

長野日報社

気軽に野菜作り体験 長野県富士見町に30日「JA農園」開園

 JA信州諏訪と子会社のあぐりクリエイト信州諏訪は、市民が気軽に野菜作りを体験できる「JA農園」を30日、長野県富士見町南原山に開園する。土づくり済みのミニ農地を秋まで希望者に提供する新規事業で...

マヂラブ・村上さんが新城市観光大使第1号に

 新城市は16日、市観光大使の第1号に、お笑いコンビ「マヂカルラブリー」の村上さん(39)を委嘱した。長篠出身で高校まで市内に住んでいた。  村上さんは市立鳳来中学、県立新城東高校(現新城有教...

キガシラセキレイ飛来 石垣

 キガシラセキレイが市内のほ場に渡来した。  体長16・5~18㌢の野鳥で、ロシア中西部やモンゴルなどにかけて繁殖し、冬季は中国南部やインドシナなどへ渡る。日本では旅鳥として少数が渡来し、農耕地や...

北羽新報社

高齢者施設の浴室に雄大な富士の絵 秋田公立美大生の池端さん制作

 秋田公立美術大4年でグラフィックデザインなどを学ぶ能代市西赤沼の池端咲紀さん(22)が、富士山をテーマにしたデジタル絵画2枚を制作し、同市落合の介護付き有料老人ホーム「サンビレッジ清風のしろ」...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク