全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

島唄の魅力、オケと融合 奄美市で「ほこらしゃ奄美音楽祭」 唄者ら管弦楽と新境地

総勢約100人がステージに上がり、会場との六調で締めくくった第2回ほこらしゃ奄美音楽祭=11日、鹿児島県奄美市名瀬の奄美川商ホール

 オーケストラと奄美の島唄が共演する「第2回ほこらしゃ奄美音楽祭」(同実行委主催)が11日、鹿児島県奄美市名瀬の奄美川商ホール(文化センター)であった。島内外から集まった約1000人の聴衆は、オーケストラによる繊細でダイナミックな演奏と奄美の伝統芸能が融合した壮大なハーモニーに酔いしれた。

 ほこらしゃ奄美音楽祭は、世界自然遺産に登録された奄美独自の文化である島唄を、オーケストラと融合することで新たな魅力を引き出そうと企画され、今年で2回目。鹿児島市出身の作曲・編曲家の吉俣良さんが総合プロデューサーとなり、島唄と共演するオーケストラ用の編曲を手がけている。

 オーケストラはこの日の演奏のために特別編成された、全国各地で活躍するプロの演奏家46人から成る「ほこらしゃ奄美管弦楽団」。和田一樹さんを指揮者に迎え、第1部ではユーモアを交えた解説と迫力のあるクラシック音楽演奏で会場を魅了。地元で活動する奄美オーケストラとも共演した。

 第2部は島唄ステージ。西和美さんや里朋樹さんが出演したほか、平田まりなさんは和太鼓奏者吉井盛悟さんと共演。会場から手拍子と指笛が沸き起こり盛り上がった。

ほこらしゃ奄美管弦楽団と島唄との融合で魅了した第3部のステージ

 第3部が島唄と管弦楽団の共演。「しゅんかね節」「やちゃ坊節」「豊年節」の3曲を、元ちとせさん、中尾聖子さん、時岡優里菜さんの唄を、前山真吾さんの三味線でオーケストラが共演。壮大なサウンドが会場を包み込んだ。

 吉俣さんは「島唄をそのまま残し、オケが寄り添うことを意識した編曲。50年後も島唄を継承していってほしい」と話し、前山さんは「オーケストラとの融合という新しい世界と島唄の古典、その両方を大事にする事で島唄がもっと長生きしていくのではないかと思う」と語った。

関連記事

長野日報社

気軽に野菜作り体験 長野県富士見町に30日「JA農園」開園

 JA信州諏訪と子会社のあぐりクリエイト信州諏訪は、市民が気軽に野菜作りを体験できる「JA農園」を30日、長野県富士見町南原山に開園する。土づくり済みのミニ農地を秋まで希望者に提供する新規事業で...

マヂラブ・村上さんが新城市観光大使第1号に

 新城市は16日、市観光大使の第1号に、お笑いコンビ「マヂカルラブリー」の村上さん(39)を委嘱した。長篠出身で高校まで市内に住んでいた。  村上さんは市立鳳来中学、県立新城東高校(現新城有教...

キガシラセキレイ飛来 石垣

 キガシラセキレイが市内のほ場に渡来した。  体長16・5~18㌢の野鳥で、ロシア中西部やモンゴルなどにかけて繁殖し、冬季は中国南部やインドシナなどへ渡る。日本では旅鳥として少数が渡来し、農耕地や...

北羽新報社

高齢者施設の浴室に雄大な富士の絵 秋田公立美大生の池端さん制作

 秋田公立美術大4年でグラフィックデザインなどを学ぶ能代市西赤沼の池端咲紀さん(22)が、富士山をテーマにしたデジタル絵画2枚を制作し、同市落合の介護付き有料老人ホーム「サンビレッジ清風のしろ」...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク