全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

「節田マンカイ」4年ぶり開催 旧正月、男女が歌掛け手踊り

向かい合って座った男女が歌掛けや手踊りを楽しんだ4年ぶりの節田マンカイ=10日午後7時半ごろ、奄美市笠利町

 旧暦1月1日に当たる10日の夜、奄美市笠利町の節田集落(長谷川雅啓区長、298世帯467人)で旧正月の伝統行事「節田マンカイ」があった。新型コロナウイルスの影響で中止が続いたため4年ぶりの開催。向かい合う男女が歌を掛け合いながらマンカイ(招く)の動作で手踊りを繰り広げ、にぎやかに新年を祝った。

 正月マンカイとも呼ばれ、昭和初期ごろまでは笠利地区全域で行われていたが、現在は節田集落だけに残る。かつては男女の出会いの場にもなっていたという。2008年に県の無形民俗文化財に指定された。

 午後7時すぎに節田生活館で始まり、地域住民ら約80人が参加した。「塩道長浜」などで歌を掛け合い、手のひらを重ねたり膝をたたいたりして手踊り。終盤にかけて三味線とチヂン(太鼓)の勢いが増すと盛り上がりも最高潮に。最後は六調で締めくくった。

 節田婦人会が地元の正月料理「アザンヤセ(アザミと豚骨の煮物)」も振る舞った。参加した人々は食事を囲んでだんらんしたり昔ながらの遊び「ナンコ」に講じたりと、久しぶりの交流を楽しんだ。

 節田で生まれ育ったという女性(91)は「久しぶりに見て感動した」と笑顔。長谷川区長(51)は「コロナ禍は伝統行事ができずに息が詰まる思いだった。11月ごろから月2回、地域住民が集まって練習を重ねてきた。久しぶりに正月のにぎわいが戻りうれしい」と話した。

関連記事

長野日報社

気軽に野菜作り体験 長野県富士見町に30日「JA農園」開園

 JA信州諏訪と子会社のあぐりクリエイト信州諏訪は、市民が気軽に野菜作りを体験できる「JA農園」を30日、長野県富士見町南原山に開園する。土づくり済みのミニ農地を秋まで希望者に提供する新規事業で...

マヂラブ・村上さんが新城市観光大使第1号に

 新城市は16日、市観光大使の第1号に、お笑いコンビ「マヂカルラブリー」の村上さん(39)を委嘱した。長篠出身で高校まで市内に住んでいた。  村上さんは市立鳳来中学、県立新城東高校(現新城有教...

キガシラセキレイ飛来 石垣

 キガシラセキレイが市内のほ場に渡来した。  体長16・5~18㌢の野鳥で、ロシア中西部やモンゴルなどにかけて繁殖し、冬季は中国南部やインドシナなどへ渡る。日本では旅鳥として少数が渡来し、農耕地や...

北羽新報社

高齢者施設の浴室に雄大な富士の絵 秋田公立美大生の池端さん制作

 秋田公立美術大4年でグラフィックデザインなどを学ぶ能代市西赤沼の池端咲紀さん(22)が、富士山をテーマにしたデジタル絵画2枚を制作し、同市落合の介護付き有料老人ホーム「サンビレッジ清風のしろ」...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク