全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

野生生物の保護啓発に 市へカンムリワシ絵画寄贈 野生動物画家・岡田宗徳氏

保護啓発活動などに生かしてもらおうと市へ絵画を寄贈した岡田宗徳氏(右)=13日午前、市役所応接室

 野生動物画家の岡田宗徳氏が13日、市役所を訪れ、野生生物の保護啓発活動などに生かしてもらおうと石垣島内に生息するカンムリワシをモデルにして描いた絵画を寄贈した。岡田氏は「地域で保全に取り組んでいる所はいい結果を残している。みなさんの活動にプラスになればとの思いを込めて描いた」と話した。

 岡田氏は、県内で野生生物保護などの活動に取り組む「どうぶつたちの病院沖縄」の代表理事で獣医師の長嶺隆氏との出会いをきっかけに、2007年から国内の絶滅危惧種を描き始めた。

 現在では、北は北海道から南は沖縄まで野生生物保護を目的としたイベントなどを開催。収益金を保護活動に従事するNPO法人などに寄付している。

 今回は、カンムリワシ・リサーチの渡久山恵さんからカンムリワシ週間の関連イベントとして市民向け絵画教室の講師依頼を受け、12日に市役所で「お絵描き教室」を実施。市民60人が参加するなど人気のイベントとなった。

 寄贈された絵画は、B2版にアクリル絵の具で細密にカンムリワシが描かれたもので題名は「ティーダ」。市民の保全活動を明るく照らす太陽などの意味が込められており、22日まで市役所1階ホールで開催中のカンムリワシ週間の展示会で公開される。

 展示終了後は、カンムリワシ保全に関する出前講座や公共施設などで野生生物保護啓発に活用される。

 寄贈を受けた中山義隆市長は「多くの市民に見てもらい保護に向けて活用したい」と感謝した。

関連記事

マヂラブ・村上さんが新城市観光大使第1号に

 新城市は16日、市観光大使の第1号に、お笑いコンビ「マヂカルラブリー」の村上さん(39)を委嘱した。長篠出身で高校まで市内に住んでいた。  村上さんは市立鳳来中学、県立新城東高校(現新城有教...

キガシラセキレイ飛来 石垣

 キガシラセキレイが市内のほ場に渡来した。  体長16・5~18㌢の野鳥で、ロシア中西部やモンゴルなどにかけて繁殖し、冬季は中国南部やインドシナなどへ渡る。日本では旅鳥として少数が渡来し、農耕地や...

北羽新報社

高齢者施設の浴室に雄大な富士の絵 秋田公立美大生の池端さん制作

 秋田公立美術大4年でグラフィックデザインなどを学ぶ能代市西赤沼の池端咲紀さん(22)が、富士山をテーマにしたデジタル絵画2枚を制作し、同市落合の介護付き有料老人ホーム「サンビレッジ清風のしろ」...

釧路新聞社

大和証券G子会社 釧路のパプリカ会社に出資【釧路市】

  大和証券グループ(本社・東京)の100%子会社、大和フード&アグリ(DFA、本社・同)は、北海道サラダパプリカ(HSP、釧路市大楽毛北2)へ資本参加し、経営に参画した。DFAが運営し生産するパプ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク