全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

計測不可も…「減速効果十分」 手作りオービスで事故抑止 広尾署

 広尾署は交通事故の防止対策として、速度違反取り締まり装置「オービス」(移動式)のダミーを2基導入した。広尾地区安全運転管理者協会広尾支部の準安全運転管理者部会(菅原靖弥部会長)が協力、廃材を活用して手作りした。同署は「速度は計測できないが、減速効果は十分」としている。

「ダミーオービス」を製作した準安全運転管理者部会の役員と広尾署の署員。前列右が菅原部会長

 ダミーオービスは幅約25センチ、高さ・奥行きはそれぞれ約30センチのスチール製の箱。三脚部分を含めると高さは1.2メートル程度になる。正面には撮影用のレンズやストロボに見立てた部品が配置されている。

 高額な移動式オービスは管内に1台(十勝機動警察隊)しかなく、広尾署が「速度抑制用の資機材」として同部会にダミーの製作を依頼。建設会社を経営する菅原部会長(70)が中心になって作業を進めた。自動車部品、事務用品などの廃材を有効活用し、製作費は「ほぼゼロ」という。

 9日には広尾町野塚の国道336号で、本機とダミーを併用して速度取り締まりを実施。菅原部会長と副部会長の長利春さん(72)、柴崎尚利さん(69)が立ち会った。通行車両は広尾署員とダミーオービスに気付き、速度を緩めていた。

 菅原部会長は「昨年は大樹で4人が死亡する重大事故が発生した。広尾町内では交通事故死ゼロを続けており、間もなく1000日を迎える。悲惨な事故がないようにとの願いを込めた」と述べた。

 同署では「交通事故の原因の多くはスピードの出し過ぎ。ダミーでも目に入ればドライバーは減速する。交通事故の抑止につながれば」と期待している。

広尾署に配備された特製の「ダミーオービス」

関連記事

長野日報社

気軽に野菜作り体験 長野県富士見町に30日「JA農園」開園

 JA信州諏訪と子会社のあぐりクリエイト信州諏訪は、市民が気軽に野菜作りを体験できる「JA農園」を30日、長野県富士見町南原山に開園する。土づくり済みのミニ農地を秋まで希望者に提供する新規事業で...

マヂラブ・村上さんが新城市観光大使第1号に

 新城市は16日、市観光大使の第1号に、お笑いコンビ「マヂカルラブリー」の村上さん(39)を委嘱した。長篠出身で高校まで市内に住んでいた。  村上さんは市立鳳来中学、県立新城東高校(現新城有教...

キガシラセキレイ飛来 石垣

 キガシラセキレイが市内のほ場に渡来した。  体長16・5~18㌢の野鳥で、ロシア中西部やモンゴルなどにかけて繁殖し、冬季は中国南部やインドシナなどへ渡る。日本では旅鳥として少数が渡来し、農耕地や...

北羽新報社

高齢者施設の浴室に雄大な富士の絵 秋田公立美大生の池端さん制作

 秋田公立美術大4年でグラフィックデザインなどを学ぶ能代市西赤沼の池端咲紀さん(22)が、富士山をテーマにしたデジタル絵画2枚を制作し、同市落合の介護付き有料老人ホーム「サンビレッジ清風のしろ」...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク