全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

鉄道ファンら歓喜 プレ運行見学会 苫小牧駅 JR日高線ラッピング車両

東胆振1市4町でつくる「JR北海道の維持困難線区に関する東胆振首長懇談会」(事務局苫小牧市)は12日、JR苫小牧駅で「JR日高線ラッピングH100形プレ運行&お披露目見学会」を開いた。市民や鉄道ファンら約220人が訪れ、日高線苫小牧―鵡川間(30・5キロ)の運行や、室蘭線のラッピング車両との同時公開を楽しんだ。

日高線のラッピング車両に多くの見物客 =12日午前10時50分ごろ、JR苫小牧駅

 苫小牧運転所エリアのラッピング車両導入を受け、日高線と室蘭線の利用促進につなげようと企画。午前9時から苫小牧駅ホームで、1市4町の首長らが参加して出発式を行った。苫小牧市長職務代理者の木村淳副市長はあいさつで「日高線と室蘭線の魅力を道内に強く発信するもの」と車両完成を喜び、「今後も沿線自治体やJR北海道、道と連携して鉄道の利用促進を図りたい」と述べた。

 胆振・日高地域のアイヌ文化や馬産地、カムイサウルス・ジャポニクス(通称むかわ竜)をデザインした日高線の車両は同9時20分に出発。首長らと抽選で選ばれた一般利用客25人の計35人が乗車し、鵡川駅との区間を約1時間かけて往復。列車を写真に収めようとする「撮り鉄」らでにぎわった。

 同10時40分からは日高線と、黒色の石炭車セキ3000をモチーフにした室蘭線の車両が同時公開された。ラッピング車両に乗車した市内明野新町の無職宮越貢さん(80)は「シートが良かった。また機会があれば乗りたい」と喜んだ。市内春日町から家族で訪れた幼稚園児の小林依千乃ちゃん(6)も「鉄道が好きなので、楽しかった」と笑顔を見せていた。

 ラッピング車両は「H100形電気式気動車(DECMO)」で、1両約2億8000万円。JR北海道は2022年度と23年度、日高線、室蘭線を含む維持困難線区8線区の沿線にちなんだラッピング車両を計8両導入し、定期運行や観光列車として活用している。室蘭線は苫小牧―長万部、室蘭―東室蘭間の定期運行で使うが、日高線は設備などの面から定期運行は予定していない。

関連記事

紀伊民報社

かやぶき屋根美しく 熊野古道沿いの休憩所「とがの木茶屋」

 和歌山県田辺市が同市中辺路町野中の熊野古道沿いの休憩所「とがの木茶屋」で進めていた、かやぶき屋根のふき替え工事が終わった。老朽化で傷みが激しくなっていたためで、ふき替えは15年ぶり。地域住民も...

100年ぶりに復活 苫小牧の正光寺の仏教講座

苫小牧市高砂町の正光寺で月1回、仏教の世界や教えをひもときながら宗教や文化、歴史などを学ぶ「はじめて学ぶ 仏教文化講座」が開かれている。吉井直道住職(32)が、曽祖父で同寺創始者の吉井一行氏が開基...

銀河の湯で「顔認証」 オカモト導入、公共2カ所目 足寄

 オカモト(帯広)は指定管理者を務める足寄町営温泉浴場「銀河の湯あしょろ」の入館管理に「顔認証システム」を導入した。対象となる定期利用者は券を持参しなくても“顔パス”で入れる。公共施設での顔認証導入...

荘内日報社

多収栽培の技術確立 庄内砂丘メロン 1株から5玉収穫に活路 生産農家の収益アッ..

 県庄内総合支庁農業技術普及課産地研究室(酒田市浜中)は、庄内砂丘メロンの多収栽培技術を確立した。1株から5玉(通常は4玉)を収穫する方法で、生産農家の収益を上げることが狙い。これまで緑肉の「アンデス...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク