全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

北羽新報社

国際クルーズ船の商品開発担当者が能代山本を視察

米国のクルーズ船運航会社担当者が能代山本入りし、秋田犬との散歩を体験(三種町鹿渡で)

 米国のクルーズ船運航会社「アザマラ・クルーズ」の商品開発担当者が9日、三種町で秋田犬との散歩を体験したり、能代市の旧料亭金勇を視察したりした。本県へのクルーズ船の寄港促進、オプショナルツアーの開発などによって誘客につなげようと県が招いたもので、県港湾空港課は「アザマラ社は秋田港だけでなく、能代港や船川港(男鹿市)にも寄港可能な客船を所有しており、寄港の実現に向けて今後も取り組んでいきたい」と港の活用によって地域振興に励む方針を強調した。
 10日まで3日間の日程で県内を視察しているのは、アザマラ社の陸上商品企画開発担当マネジャー、シャンドラ・ストゥトローさん。
 9日は能代山本入りし、三種町のことおか中央公園では、クアオルト健康ウオーキングのコースで、一般社団法人・ヘルスケアデザイン秋田(同町)が飼育する秋田犬「マサ」(雄、3歳)との散歩を体験した。
 案内した同法人事務局の鎌田真広さんは「アニマルセラピーの要素も取り入れて自然の中を歩くことで、健康への〝気付き〟が生まれる」と説明。ストゥトローさんは冬毛のマサをなでたり、広場で一緒に走ったりし、「秋田犬との散歩はなかなかない体験プログラムであり、乗客の関心も高いだろう」と話した。
 三種町を訪れる前には能代市の旧料亭金勇を見学。ストゥトローさんは「日本の伝統的な建物への興味はもちろん、組子細工づくりや着付けなどの体験も貴重」と感想を語った。
 アザマラ社が運航するクルーズ船は平成31年~令和元年に4回、5年に2回、いずれも秋田港に寄港。今年と来年も寄港の予定があるという。
 県港湾空港課の担当者は「アザマラ社は今後も本県に寄港する計画を立てており、客船を降りての本県観光の選択肢、楽しみ方を示し、さらなる誘客につなげていきたい。他の運航会社にも働き掛けたい」と話した。
 新型コロナウイルス感染拡大の影響で県内へのクルーズ船(外航)の寄港は元年10月以降、停止していたが、昨年3月に再開。県港湾空港課によると、昨年は3月から10月までに外航、内航を合わせて過去最多となる28隻のクルーズ船が寄港。このうち、能代港では2隻を受け入れた。

関連記事

長野日報社

気軽に野菜作り体験 長野県富士見町に30日「JA農園」開園

 JA信州諏訪と子会社のあぐりクリエイト信州諏訪は、市民が気軽に野菜作りを体験できる「JA農園」を30日、長野県富士見町南原山に開園する。土づくり済みのミニ農地を秋まで希望者に提供する新規事業で...

マヂラブ・村上さんが新城市観光大使第1号に

 新城市は16日、市観光大使の第1号に、お笑いコンビ「マヂカルラブリー」の村上さん(39)を委嘱した。長篠出身で高校まで市内に住んでいた。  村上さんは市立鳳来中学、県立新城東高校(現新城有教...

キガシラセキレイ飛来 石垣

 キガシラセキレイが市内のほ場に渡来した。  体長16・5~18㌢の野鳥で、ロシア中西部やモンゴルなどにかけて繁殖し、冬季は中国南部やインドシナなどへ渡る。日本では旅鳥として少数が渡来し、農耕地や...

北羽新報社

高齢者施設の浴室に雄大な富士の絵 秋田公立美大生の池端さん制作

 秋田公立美術大4年でグラフィックデザインなどを学ぶ能代市西赤沼の池端咲紀さん(22)が、富士山をテーマにしたデジタル絵画2枚を制作し、同市落合の介護付き有料老人ホーム「サンビレッジ清風のしろ」...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク