全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

牛ふんの再利用など紹介 伊仙小児童が特別賞  資源エネルギー庁「かべ新聞コン」

制作したかべ新聞(コピー)を手に受賞を喜ぶ(左から)時小春さん、盛田実夢さん=7日、鹿児島県伊仙町の伊仙小学校

 経済産業省資源エネルギー庁が実施した2023年度「わたしたちのくらしとエネルギーかべ新聞コンテスト」で、鹿児島県伊仙町の伊仙小学校(佐々木久志校長、児童157人)の5年生児童2人が制作した「次世代エネルギー新聞」が特別賞を受賞した。手掛けたのは盛田実夢さんと時小春さん。牛ふんの再利用など徳之島での取り組みを紹介しており、2人は「まだ受賞の実感がないほどうれしい」と受賞を喜んだ。

 コンテストは、エネルギー問題への小学生の関心を高めることなどが目的で2015年にスタート。小学4~6年生が対象で、今年度は全国から307点の応募があった。特別賞は最優秀賞に次ぐ賞で、6作品が選ばれた。

 伊仙小の5年生は総合的な学習の時間で環境学習に取り組んでおり、学習の総まとめとして制作したかべ新聞をコンテストに出品。

 盛田さん、時さんは地球温暖化や再生可能エネルギーについて調べるとともに、島内の施設を取材し、牛ふんやサトウキビの搾りかすを堆肥として再利用している現状を紹介。伊仙町は牛が約7200頭と町の人口より多いが、発生した牛ふんは100%再利用していることなどを伝えた。

 新聞制作では「集めた情報の重要な部分を抜き取って分かりやすくまとめる作業が難しかった」(時さん)、「島内の再利用の実態など、新聞を作って初めて知ることが多かった」(盛田さん)と振り返り、「海外では牛ふんを利用した発電もあることも分かった。徳之島も将来へ向けて再生可能エネルギーの活用を進めてほしい」と口をそろえた。

 今回のコンテストでの入賞は県内では同小だけ。佐々木校長は「奄美群島の日本復帰70周年の節目にうれしいニュース。受賞は他の児童の励みにもなる」と教え子の快挙を喜び、「今後も徳之島の自然と歴史の学習に力を注ぎたい」と語った。

 また、コンテストでは同小の政愛怜菜さん、久保楓さん制作の「かがやけ徳之島エネルギー」も入賞した。

関連記事

長野日報社

気軽に野菜作り体験 長野県富士見町に30日「JA農園」開園

 JA信州諏訪と子会社のあぐりクリエイト信州諏訪は、市民が気軽に野菜作りを体験できる「JA農園」を30日、長野県富士見町南原山に開園する。土づくり済みのミニ農地を秋まで希望者に提供する新規事業で...

マヂラブ・村上さんが新城市観光大使第1号に

 新城市は16日、市観光大使の第1号に、お笑いコンビ「マヂカルラブリー」の村上さん(39)を委嘱した。長篠出身で高校まで市内に住んでいた。  村上さんは市立鳳来中学、県立新城東高校(現新城有教...

キガシラセキレイ飛来 石垣

 キガシラセキレイが市内のほ場に渡来した。  体長16・5~18㌢の野鳥で、ロシア中西部やモンゴルなどにかけて繁殖し、冬季は中国南部やインドシナなどへ渡る。日本では旅鳥として少数が渡来し、農耕地や...

北羽新報社

高齢者施設の浴室に雄大な富士の絵 秋田公立美大生の池端さん制作

 秋田公立美術大4年でグラフィックデザインなどを学ぶ能代市西赤沼の池端咲紀さん(22)が、富士山をテーマにしたデジタル絵画2枚を制作し、同市落合の介護付き有料老人ホーム「サンビレッジ清風のしろ」...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク