全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

来館者50万人達成 西表野生生物保護センター 遺産登録で入客倍増、展示充実

50万人目の来館者となった瀬崎育朗さん(後列左3人目)と環境省の職員ら=6日午後、西表野生生物保護センター(環境省西表自然保護官事務所提供)

 環境省が西表島だけに生息するイリオモテヤマネコや希少野生生物などを保護しようと整備した西表野生生物保護センターの来館者が6日、延べ50万人を達成した。50万人目となったのは、那覇市から旅行で訪れた瀬崎育朗さん(38)家族3人。同センターへは初めての訪問で「壁画展示では知らない動物や実際に見られた生き物が分かり面白かった」と話した。

 同センターは、1995年に保護活動や調査研究、普及啓発などを目的に現在の場所に開設。同島が世界自然遺産に登録された後の2022年には、展示内容を大幅に変更するなど充実化。イリオモテヤマネコをはじめとした島の野生生物の紹介や生物多様性、自然環境を取り巻く課題と保全の取り組みなどを内外に発信している。

 リニューアル以降は自然遺産登録と相まって、1日平均50人程度だった来館者数が90人と倍増。多い日は150人を超えることもあり、年間では2万7000人が訪れる。今年度からスタートした定期開催の展示解説ツアーも人気を博し、来館者増に拍車をかけている。

 50万人目の来館者となった瀬崎さんには、同センターオリジナルのグッズ贈呈のセレモニーが行われた。

 同事務所の福地壮太国立公園保護管理企画官は「今後も多くの方に来館いただけるよう、魅力的なセンター運営に努める」と述べた。

関連記事

長野日報社

気軽に野菜作り体験 長野県富士見町に30日「JA農園」開園

 JA信州諏訪と子会社のあぐりクリエイト信州諏訪は、市民が気軽に野菜作りを体験できる「JA農園」を30日、長野県富士見町南原山に開園する。土づくり済みのミニ農地を秋まで希望者に提供する新規事業で...

マヂラブ・村上さんが新城市観光大使第1号に

 新城市は16日、市観光大使の第1号に、お笑いコンビ「マヂカルラブリー」の村上さん(39)を委嘱した。長篠出身で高校まで市内に住んでいた。  村上さんは市立鳳来中学、県立新城東高校(現新城有教...

キガシラセキレイ飛来 石垣

 キガシラセキレイが市内のほ場に渡来した。  体長16・5~18㌢の野鳥で、ロシア中西部やモンゴルなどにかけて繁殖し、冬季は中国南部やインドシナなどへ渡る。日本では旅鳥として少数が渡来し、農耕地や...

北羽新報社

高齢者施設の浴室に雄大な富士の絵 秋田公立美大生の池端さん制作

 秋田公立美術大4年でグラフィックデザインなどを学ぶ能代市西赤沼の池端咲紀さん(22)が、富士山をテーマにしたデジタル絵画2枚を制作し、同市落合の介護付き有料老人ホーム「サンビレッジ清風のしろ」...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク