全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

マイクロ野菜ブーケいかが 帯広のアグリファッション

マイクロ野菜を使ったアレンジメントのサンプル。左手前は通常のトマトとミニトマト、マイクロトマト

 「十勝ガールズ農場」を展開するアグリファッショングループ(帯広、橋爪恒雄社長)は、有名花店「モンソーフルール」の自由が丘本店(東京、柴崎奨平店長)と連携し、「マイクロ野菜」を使ったブーケなどを商品化した。7月にも販売を始める。今回は都内中心だが、今後は地元の花店などとも連携し、管内でも販売する考え。

 名称は「マイクロベジブーケ」。通常の野菜の5分の1程度の大きさのマイクロ野菜を、ブーケなどにアレンジする。

 モンソーフルールはパリ発祥で、グループ全体で世界に400店以上を持つ。橋爪社長が「見た目のかわいらしさなどマイクロ野菜の特性を生かし、ブランド化して売り出したい」と考え、昨年末に柴崎店長に打診し、快諾を受けた。

 アグリ-は今春、帯広市以平の農場に専用ハウス5棟を建て、トマトやズッキーニ、ニンジンなどマイクロ野菜10種ほどの栽培を開始。今月、一部を収穫し、モンソー側がサンプル品を製作した。ブーケは2000~3000円。基本は受注販売で、8月から定期的に販促企画に取り組むほか、アレンジメント教室のメニューに盛り込む。

 「マイクロ野菜のブーケは見たことがなく、斬新な提案だった」と柴崎店長。橋爪社長は「野菜の供給体制を整え、十勝などの他のショップとも連携し、新ジャンルを確立したい」と話す。

関連記事

釧路新聞社

キツネ被害 対処方法 市、ホームページに情報掲載【釧路市】

 クマやシカ、野鳥などの野生鳥獣に関する情報発信について、釧路市は新たにキツネの被害と対処に関する情報を市ホームページ(HP)に掲載した。市への問い合わせなどが多いことに伴う取り組み。担当の市環境...

長野日報社

「高遠城址公園さくら祭り」伊那市が対策会議 運営方針など確認 長野県 

長野県伊那市は26日、観桜イベント「高遠城址公園さくら祭り」の対策会議を同市高遠町総合福祉センター・やますそで開いた。祭りに携わる関係者ら約50人が出席し、運営方針や交通、防犯対策などを確認。...

紀伊民報社

ロケット発射を海から見よう 串本でカヤックツアーやクルージング

 和歌山県串本町田原で3月9日に発射が予定されている民間小型ロケットの見学場チケットが、販売から2日で完売するなどロケットへの関心が高まっている。そんな中、海から打ち上げを見学してもらおうと、町...

錦町でファイナルセレモニー シンボルストリートテラス終了

苫小牧市の市道駅前本通りをイルミネーションでともす「とまこまいシンボルストリートテラス2024」(市主催)が24日に終了した。この日は錦町の特設会場でファイナルセレモニーが開かれ、約1500人(主...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク