全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

北羽新報社

ブナの森で熱々きりたんぽに舌鼓 八峰町

雪に覆われた留山。参加者は雪を踏みしめ、歩を進めた

留山できりたんぽ鍋を調理する実行委関係者

 白神山地の世界自然遺産登録30周年を記念し、「留山森の鍋物語」と銘打った催しが4日、八峰町の留山であり、参加者が林道を歩いて留山を目指し、冬季のブナの森できりたんぽ鍋を味わった。

 町をはじめ、地元の白神ネイチャー協会、町白神ガイドの会、八峰白神ジオパークガイドの会、町観光協会、白神八峰商工会といった団体でつくる「白神30周年イベント実行委員会」(山崎典康会長)の主催。
 実行委が昨年8月から11月まで月1回、散策と音楽を楽しむ「留山森の音物語」を実施した中で、「冬の留山も見てみたい」といった声を受けて企画した。
 八峰町や能代市、北秋田市から定員10人の申し込みがあり、町白神ガイドの会が案内。一行は白瀑神社駐車場に集合した後、車で水の目林道入り口に移動し、留山を目指した。
 雪に覆われた林道上ではニホンカモシカやウサギ、タヌキ、テンとみられる動物たちの足跡があちこちで見られたり、ニホンザルが樹皮をかじったと考えられるヤマグワの枝が落ちていたりと、参加者は冬も活発に動き回る生きものたちの息遣いに触れた。
 また、昨年7月の記録的大雨で山中から林道に落ちてきた巨岩、道路をふさぐ倒木も残されており、大雨の激しさを物語っていた。
 上の川を流れる水の音を聞きながら歩くこと約1時間30分で留山に到着。ブナの森は雪が積もり、静けさも印象的で、参加者はブナの巨木に集い、雪景色を眺めながら実行委が調理したきりたんぽ鍋で暖をとった。
 山崎会長は「冬芽を観察したり、動物の足跡を見つけたりと冬は冬で遊び心が高まる」とスノートレッキングの楽しみ方を語った。

関連記事

北羽新報社

全国のトップ花火師 節目を彩る 第20回「港まつり能代の花火」

 能代の夏の風物詩の一つ「港まつり能代の花火」が20日夜、能代市の能代港下浜埠頭(ふとう)で開かれ、夜空にスターマイン(速射連発花火)など約1万5千発の大輪を打ち上げた。20回の節目を記念して、大仙...

人工育雛成功の「亜種アカモズ」公開 のんほいパーク

 豊橋総合動植物公園(のんほいパーク)は、昨夏に国内で初めて人工育雛(いくすう)に成功した絶滅危惧種「亜種アカモズ」を園内で公開している。分散飼育で譲った個体を除く3羽を飼育中で、野外適応に取り組...

「豊橋祇園祭」が開幕 350本の手筒花火披露

 豊橋市関屋町の吉田神社で19日、夏の一大風物詩「豊橋祇園祭」が開幕した。午後6時半から、8町の氏子らによる奉納手筒花火の神前放陽が披露され、境内は大勢の見物客でにぎわった。  吉田神社は手筒花火...

長野日報社

諏訪湖花火大会 打ち上げセット数拡大 長野県諏訪市

 8月15日に開く第76回諏訪湖祭湖上花火大会で、長野県諏訪市の実行委員会は17日、打ち上げる花火のセット数を22セットから24セットに増やすと発表した。既存・新規のスポンサーから多くの協賛金が集まった...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク