全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

アオサギ育ち盛り 浦幌

親鳥(左)からウグイをもらって食べる今春誕生した幼鳥

 浦幌町豊北地区のアオサギ営巣場所(コロニー)で、親鳥が春に生まれた幼鳥に懸命に餌を与えている。順調に生育したひなは、頭頂部にあるふさふさの羽根が幼さを感じさせるものの、成鳥の風貌に近づいてきた。もうすぐ巣立ちの時を迎える。

 浦幌町立博物館によると、アオサギが町の鳥となったのは、31年前、町内の別の地区(稲穂地区)にあったコロニーが日本一とされたことに由来。浦幌では「うらは」「ほろま」という町のマスコットキャラクターとしても親しまれている。

 同地区のコロニーは2000年ごろから存在。カラマツの木の樹冠部に、小枝で作った直径80センチほどの皿形の巣が、現在は80個ほど集まっている。十勝管内で見られる最大のコロニーだ。1巣当たり3、4羽の幼鳥がいて、「グァ、グァ」と鳴いて、親鳥に餌をねだっている。

 16日午後、前日の雨天から明け、親鳥が活発に川辺に魚を捕りに行っては巣に戻り、幼鳥に餌を授けていた。幼鳥の首の長さほどある大きなウグイを運んで与えている場面もあった。

 北海道アオサギ研究会(札幌、松長克利代表)によると、同地区のコロニーは、牧場のそばの防風林にある道東で典型的に見られるパターンで、道内では平均的な規模。松長代表は「アオサギを多くの人に知ってもらい、親しみを持ってもらえれば」と話す。

 7月ごろにはコロニーからアオサギは町内外に散り、来春、同じ場所に戻って営巣する。

関連記事

老舗酒店「〆二福士商店」 30日で閉店 街見詰め95年

1928年から続く苫小牧市錦町の酒店「〆二(しめに)福士商店」が30日で閉店する。3代目店主の福士徳彦さん(68)が酒販を取り巻く環境の変化や後継者の不在、自身の高齢化などを受けて決断した。街の発...

黄金色の稲 ザクッ 児童と地域住民収穫 幕別・途別小

 幕別途別小学校(佐竹宏子校長、児童18人)で21日、稲刈りが行われた。全校児童が黄金色に実った稲の収穫に汗を流した。  途別地区は十勝で最も早くから稲作が行われていた地域の一つ。地域に水田...

宇部日報社

仕組みや意義を再認識 宇部商高で選挙出前授業【宇部】

 宇部商高(久保田力哉校長)で20日、2、3年生200人を対象とした選挙の出前授業が行われた。実際の投票用紙発券機、記載台、投票箱を使った模擬投票を通じて、選挙の仕組みや投票の意義を再認識した...

荘内日報社

だだちゃ豆「白山」もとに新品種 赤澤さん育種赤澤2号・3号 甘み強く香り良い3..

 元山形大学農学部客員教授(植物育種学)の赤澤經也(つねや)さん(79)=鶴岡市稲生一丁目=が20日、鶴岡特産のだだちゃ豆「白山」をもとに選抜育成した新品種「赤澤2号」と「赤澤3号」を発表した。主力品種...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク