全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

「里親のバラ」が出迎え ルビーの里で見頃

ルビーの里で見頃を迎えた「里親のバラ」

 駒ケ根市福岡のタカノ「ルビーの里エクステリアガーデン」で、庭園入り口などに植えたバラが見頃を迎えた。花き農家に残された花々を引き取って栽培したもので、「里親」のもとでしっかりと根付き、大輪の花を咲かせて観光客らを出迎えている。

 バラは伊那市の農家で切り花用に栽培されていたが、昨年7月に経営者男性が死去。後継者がなく約3000株が放置されていた。状況を知った市内の愛好者らが育成の担い手となる里親を募集。これに同社の社員らが応募し、2月末に7~10年生の250株を譲り受けた。

 専門家の助言を受け、土づくりから病害虫の防除など丹精込めて育てたところ、今月に入りほとんどの株が花をつけた。赤や黄、ピンクなど色とりどりの花が、庭園の中心にある赤ソバ畑に誘うように咲き誇っている。

 庭園の管理責任者、宮下正光さんによると、今後1週間ほどは楽しめそう。「多くの株が根付いてほっとした。たくさんの人に見てもらえれば、バラも喜ぶと思う」と来場を呼び掛けている。

関連記事

紀伊民報社

幸福の黄色いカエル 和歌山県立自然博物館で展示

 和歌山県田辺市の大塔地域で、黄色いカエルが見つかった。通常は緑色をしたシュレーゲルアオガエル(アオガエル科)の色彩変異個体。展示を始めた県立自然博物館(海南市船尾)によると、目立つために捕食者...

ご当地グルメに舌鼓 「大北海道うまいもの市」盛況 苫小牧

苫小牧市表町のグランドホテルニュー王子1階旧レストランハルニレで22日、物産展「大北海道うまいもの市」が始まった。稚内や旭川、釧路、函館など全道各地の特産品やご当地グルメなど約150品目が並び、買...

黒ニンニク ペーストに 熟成で甘く、臭いも軽減 JA十勝清水町

 JA十勝清水町(氷見隆雄組合長)は、清水産ニンニクを原料にした新商品「十勝熟成黒にんにくペースト」(1300円、瓶詰め100グラム)を開発した。サツドラ十勝清水店内の同JAアンテナショップではす...

荘内日報社

郷土食を気軽に“見える化” 「笹巻」まちなか店舗提供テスト事業 鶴岡商議所

 鶴岡商工会議所は、郷土食の提供店の〝見える化〟や、市街地で郷土食が気軽に食べられる仕組みづくりの構築に向けたテスト事業として、市内の飲食店で笹巻の提供を期間限定で行っている。実施店の反応や消費者...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク