全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

釧路新聞社

河﨑さん直木賞受賞 釧根管内歓喜に沸く

  第170回芥川・直木賞(日本文学振興会主催)の選考会で、別海町出身の河﨑秋子さん(44)=2020年度釧新郷土芸術賞受賞者=が小説「ともぐい」で見事直木賞を受賞した。受賞直後にはお祝いのメッセージが役場庁舎電光掲示板に投影されたほか、一夜明けた18日、町は町民栄誉賞贈呈の検討を始めたほか、書籍の特設コーナーを設置していた釧路市内の書店や図書館では、受賞作への問い合わせが多く寄せられるなど、盛り上がりを見せている。

電光掲示板で祝福

 【別海】受賞を受け町は17日夜から、役場庁舎正面に設置の電光掲示板(縦11・2㍍、横80㌢)で、「河﨑秋子さん第170回直木賞受賞おめでとうございます。受賞作ともぐい」とのメッセージを投影し祝福している。

 町は受賞発表直後から総務課と総合政策課が連携して作業し、メッセージの投影を開始。この日は特別に翌18日午前0時まで行った。町では「今後の河﨑さんの活躍を期待したい」と話している。電光掲示板の投影は午前8時~午後7時で、2月16日まで予定している。

 出身地の町内では早速反響が出ている。河﨑さんの歴代の著作を特設展示している町図書館によると、受賞作「ともぐい」の貸し出しは9人待ちと前日から3人増加。「普段見られない方が多く来館していた」(同館)という。

 町は河﨑さんへの町民栄誉賞の授与を検討している。本人が十勝管内に在住するため、現時点で日程などの詳細は未定だ。

役場庁舎の電光掲示板に投影されたメッセージ(17日午後8時ごろ)

受賞作やサイン本展示

 釧路市中央図書館は18日から、釧路文学館(6階)など館内2カ所に特設コーナーを開設。このうち文学館には、受賞作「ともぐい」や著者サイン本を展示している。

 河﨑さんが2019年に同館で開いた講演会は、会場の多目的ホールが満員になるほどの盛況で、利用者の間で注目度は高い。

 現在、同図書館では「ともぐい」を6冊を所蔵しており、先月のノミネートから貸し出し予約が増え始め、17日時点で50件ほどだったが、受賞翌日の18日には97件にまで急増した。

 貸し出しが混み合っているため、同文学館特設コーナーなどに予約カードを置いて対応している。同文学館特設コーナーの本は閲覧専用で、貸し出しはしていない。蔵書を増やすため、同図書館では読み終えた図書の寄贈も受け付けている。

 同図書館の川口佳奈サブチーフは「利用者だけでなく、図書館ボランティアの間でも受賞を喜ぶムードが広がっている。この機会に受賞作以外の著書にも挑戦してみては」と来館を呼び掛けている。

受賞作やサイン本を展示している釧路文学館の特設コーナー

受賞喜び 売れ行き好調

  コーチャンフォー釧路店(春採7)では「ともぐい」を中心に、昨年12月から書籍コーナーを設置しており、地元出身の河﨑さんの受賞を喜んでいる。

 ともぐいは昨年11月18日に発売され、コーチャンフォーグループ10店舗では18日の正午ごろまでに555冊が販売された。このうち釧路店では96冊。発表を受けこの日の午前中だけで10冊が売れ、「在庫はありますか」との問い合わせも多く寄せられたという。現在在庫はあるが、受賞を受けて多めの発注をしている。

 同店書籍コーナーの小笠原勝樹マネジャーは「ここ最近の直木賞受賞者としては、地元ということもあり反響は大きい」と語る。「河﨑さんはデビュー前、当社の北見店で開催した桜木紫乃先生のサイン会に来てくれたことがある。桜木さんと握手して手を洗わず、その日のうちに三浦綾子文学賞に原稿を送り、それが``颶風(ぐふう)の王、、となって賞を取り、デビュー作となった」と振り返り、「当社としてはデビュー作に立ち会えた作家であり、今回の受賞は大変うれしい」と語った。さらに、「釧根地区は桜木紫乃さん、河﨑秋子さんと2人の素晴らしい作家が出た。改めて道東文学を手に取るきっかけにしてもらいたい」と話している。

直木賞受賞作などが並ぶコーチャンフォー釧路店の書籍コーナー

関連記事

紀伊民報社

幸福の黄色いカエル 和歌山県立自然博物館で展示

 和歌山県田辺市の大塔地域で、黄色いカエルが見つかった。通常は緑色をしたシュレーゲルアオガエル(アオガエル科)の色彩変異個体。展示を始めた県立自然博物館(海南市船尾)によると、目立つために捕食者...

ご当地グルメに舌鼓 「大北海道うまいもの市」盛況 苫小牧

苫小牧市表町のグランドホテルニュー王子1階旧レストランハルニレで22日、物産展「大北海道うまいもの市」が始まった。稚内や旭川、釧路、函館など全道各地の特産品やご当地グルメなど約150品目が並び、買...

黒ニンニク ペーストに 熟成で甘く、臭いも軽減 JA十勝清水町

 JA十勝清水町(氷見隆雄組合長)は、清水産ニンニクを原料にした新商品「十勝熟成黒にんにくペースト」(1300円、瓶詰め100グラム)を開発した。サツドラ十勝清水店内の同JAアンテナショップではす...

荘内日報社

郷土食を気軽に“見える化” 「笹巻」まちなか店舗提供テスト事業 鶴岡商議所

 鶴岡商工会議所は、郷土食の提供店の〝見える化〟や、市街地で郷土食が気軽に食べられる仕組みづくりの構築に向けたテスト事業として、市内の飲食店で笹巻の提供を期間限定で行っている。実施店の反応や消費者...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク