全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

「そば処一休」創業71年 閉店 常連客、別れ惜しむ 旧長崎屋帯広店

常連客や従業員と明るく記念撮影する佐藤店主(右から2人目)

 旧長崎屋帯広店(帯広駅南ビル)内のそば店「そば処 一休」(佐藤博店主)が15日、71年間の営業を終えた。長年の感謝を伝えようと、大勢の常連客や元従業員らが駆け付け、閉店を温かく見守った。

 営業最終日、店の前には客から贈られた花束や鉢花が15ほど並び、食べ納めに多くの常連客が訪れた。なじみの店員や佐藤店主(77)と、別れを惜しんで話し込む姿が何度も見られた。子どもの頃に親と訪れ、六十数年来の常連という70代の市内の女性は「子どもの頃は鍋焼きうどんを頼んでいたが、今はざる天そば。味はもちろん、店の明るい雰囲気が好きで、閉店はさみしい」と話した。

 同店は佐藤店主の父敏夫さんが1952年に創業。藤丸や長崎屋帯広店内など一時は3店体制だった。大型店の相次ぐ閉店に直面し、高齢もあって店に区切りを付けた。

 佐藤店主は最後の営業を終えると、一瞬涙を浮かべたが、晴れやかな表情で、記念写真を撮るなどして客と交流。

 午後4時の閉店後、常連客でオカモト所属のバイオリニスト和光憂人さん(33)がコンサートを開き、約35人が耳を傾けた。和光さんは「一休は店主の明るい人柄もあって元気をくれる大切な場所だった。最後に感謝の気持ちを伝えることができた」と話した。

 佐藤店主は「多くのお客さんが、おいしかったと感謝してくれる中で店を終えられた」とほほ笑んだ。

関連記事

紀伊民報社

地蔵の顔欠け「かわいそう」 「百間ぐら」で風化か

 世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」に登録されている熊野古道「小雲取越」の途中にある和歌山県田辺市本宮町の名所「百間ぐら」で、道沿いにある地蔵の顔が欠けた状態になっている。風化によるとみられるが...

小中学校 「ふっこう応援給食の日」 能登牛カレーに舌鼓  白老

白老町の小中学校で11日、石川県のブランド牛「能登牛」を使ったビーフカレーが給食に提供された。白老牛銘柄推進協議会(岩崎考真会長)が能登半島地震の被災地支援のため購入した牛肉。町教育委員会(しらお...

忠類から詐欺撲滅! ボランティア団体「どんとこいの会」結成

 幕別町忠類で、地元建設会社とシニアクラブが詐欺撲滅を目指すボランティア団体「詐欺撲滅団 忠類どんとこいの会」を結成した。帯広署管内でSNS詐欺防止のボランティア団体がつくられるのは初めて。同署忠...

荘内日報社

“郵便のお仕事”興味津々 松原保育園児が鶴岡郵便局訪問

 鶴岡市宝町の市立松原保育園(齋藤功園長、園児115人)の園児たちが11日、同市山王町の鶴岡郵便局(藤井泰局長)を訪問し、仕分けや押印など郵便業務を見学した。  園児たちが大好きな郵便配達をテーマにし...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク