全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

11人にガイド認定 SUP講習会

SUPを使用した救助法の指導を受ける参加者ら=13日、底地ビーチ(同協会提供)

 スタンドアップ・パドル・サーフィン(SUP)の八重山SUP協会(山下秀之会長)は12、13日に底地ビーチで第4回協会公認インストラクターガイドI認定講習会を実施した。2日間の講習で新たに11人がガイド認定を受けた。これで同協会の認定ガイドは25人。  SUPは手軽に楽しめる水上スポーツとして急速に広がりをみせる反面、天候や海況によっては危険を伴う。講習会では初日、八重山の海を熟知したスペシャリストたちが、気象や海象、ロープワーク、安全法など講義した。  2日目はNPO法人ウォーターパトロールシステム石垣支部長の小山豊さん(42)がSUPを使用したレスキュー法や安全法について講義。ボードが流れた場合の自衛や海の中での救助法などを指導した。  ハワイで開催されている世界で最も過酷な「モロカイ海峡横断レース」で5年連続表彰台に立ち、八重山の海況や地形に詳しい津村力さん(63)は「SUPは誰でもできる一方で、規制はまだ整備されていない。ガイドには八重山独自の環境に合わせた最低限のスキルと知識が必要」と講習の重要性を説いた。  市内でヨガ教室を主宰し、今後はヨガとSUPを組み合わせた体験を提供していきたいという中村真由子さんは「経験豊富な講師陣から聞く話はとても勉強になった。講習を受けることで自分もより安全にSUPを楽しめる」と笑顔をみせた。

関連記事

100年前に思いはせる 賢治ウオークに20人 苫小牧

詩人、童話作家宮沢賢治の来苫から21日で丸100年を迎えるのを前に18日、賢治が苫小牧で歩いた道をたどる「百年目の賢治ウオーク」が行われた。市民ら20人が参加。初夏の日差しが降り注ぐ中、当時の情景...

難失聴でもガイド楽しみたい おびひろ動物園でアプリや筆談体験会

 聞こえない人や聞こえにくい人でも、施設ガイドの説明を楽しみたい-。帯広市中途難失聴者協会(佐々木亜規子会長)は、音声をリアルタイムで文字化するアプリ「UDトーク」や筆談でガイドを楽しむ体験会を1...

荘内日報社

歴史と文化つなぐ26万6000点一括管理 酒田市文化資料館 光丘文庫オープン 「日..

 酒田市総合文化センターの旧中央図書館を活用して市が整備した市文化資料館光丘文庫(館長・金野洋和市文化政策調整監兼文化政策課長)が18日、オープンした。市立資料館、市立光丘文庫に加え、公文書館や埋蔵...

宇部日報社

小学校運動会、青空の下で全力疾走 見初小は地域と合同【宇部】

 宇部市内小学校のトップを切って18日、見初、神原、原、黒石の4校で運動会が行われた。雲一つなく初夏の日差しが照り付ける中、子どもたちは保護者や地域住民の前で練習の成果を披露した。  地域と...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク