全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

高遠町引持の小正月伝統 4年ぶり「お日待ちの獅子舞」 長野県伊那市

4年ぶりに披露した引持の伝統行事「お日待ちの獅子舞」

長野県伊那市高遠町引持に伝わる小正月の伝統行事「お日待ちの獅子舞」が14日夜、引持生活改善センターで行われた。コロナ禍の影響で開催は4年ぶり。引持獅子舞保存会が勇壮な獅子舞とおはやしを披露した。会場には地域住民ら40人余りが集まり、家内安全や無病息災などを願った。

引持獅子舞の起源は定かでないが、一説には300年以上続くとされる。昭和後期までは地区の若者が祭事連を結成して披露してきた。若者の減少が課題となる中、伝統を引き継いでいこうと2007年に同保存会が発足。現在は30~60歳代の18人が所属し、地域で親しまれてきた獅子舞を継承している。

笛と太鼓の音に合わせて獅子とひょっとこを演じる2人の舞い手が登場。ゆったりとした動きの前半から一転して、後半は獅子が歯を打ち鳴らしながら広間いっぱいに動き回った。途中、舞い手が交代し、獅子が体に付いたノミを食べるユニークなしぐさもあり、来場者を楽しませた。

4歳の長男と一緒に初めて獅子舞を見たという同地区の女性(40)は「地域の特性がある獅子舞で面白い。幅広い世代の住民が参加していて、伝統を大事にしていることがよく分かった」と話していた。

久しぶりの行事に臨んだ保存会の前田裕敏会長(77)は「見にきた人たちにとって今年がいい年であってほしい」と願い、活動を通じて「若い人たちに獅子舞を継承し、伝統行事を続けていってもらえたら」と期待した。

関連記事

紀伊民報社

地蔵の顔欠け「かわいそう」 「百間ぐら」で風化か

 世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」に登録されている熊野古道「小雲取越」の途中にある和歌山県田辺市本宮町の名所「百間ぐら」で、道沿いにある地蔵の顔が欠けた状態になっている。風化によるとみられるが...

小中学校 「ふっこう応援給食の日」 能登牛カレーに舌鼓  白老

白老町の小中学校で11日、石川県のブランド牛「能登牛」を使ったビーフカレーが給食に提供された。白老牛銘柄推進協議会(岩崎考真会長)が能登半島地震の被災地支援のため購入した牛肉。町教育委員会(しらお...

忠類から詐欺撲滅! ボランティア団体「どんとこいの会」結成

 幕別町忠類で、地元建設会社とシニアクラブが詐欺撲滅を目指すボランティア団体「詐欺撲滅団 忠類どんとこいの会」を結成した。帯広署管内でSNS詐欺防止のボランティア団体がつくられるのは初めて。同署忠...

荘内日報社

“郵便のお仕事”興味津々 松原保育園児が鶴岡郵便局訪問

 鶴岡市宝町の市立松原保育園(齋藤功園長、園児115人)の園児たちが11日、同市山王町の鶴岡郵便局(藤井泰局長)を訪問し、仕分けや押印など郵便業務を見学した。  園児たちが大好きな郵便配達をテーマにし...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク