全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

6年かけ「十勝パン」 地場小麦100%の新商品

「食べる会」のサポーターとともに、完成した「十勝パン」をアピールする中島会長(左から2人目)と杉山雅則満寿屋商店社長(同3人目)

 十勝のパン職人らで構成する「十勝パンを創る会」(中島将好会長、8店)が6年がかりで開発してきた、十勝産小麦100%使用のオリジナル品「十勝パン」が完成した。イタリアの長時間発酵パン「チャバタ」がベースで、小麦「キタノカオリ」を使い水分量を通常より増やし、小麦独特のうま味とみずみずしさが特徴という。まずは会員4店で今月下旬から順次販売を開始する。

 完成した十勝パンは、6年前の第1弾で完成させた「チャバタ」の改良版。キタノカオリに対し水115%と、水分量を高めた。同会の天方慎治事務局長は「水量は食パンで60~70%、チャバタでも100%。通常より生地がかなり緩く、成形が難しいため、製法にもポイントがある。全国でもほとんど作られていない商品」と話す。

 16日に市内のホテルヌプカで完成会見を開き、中島会長(旭屋商店、芽室)は「試行錯誤して行き着いた自信作。食事パンとしてさまざまなアレンジも可能。他地域では食べられない、十勝を代表するパンに育てたい」と抱負を語った。

 商品名は近く決定する。4店は旭屋商店(芽室)、満寿屋商店(帯広)、林製パン(同)、ちいさな街のパンやさん(浦幌)で、価格は各店で設定。今後も販売店舗を増やし、普及を進める考え。

 同会は、十勝産小麦や農産物の価値を高めるため、その特性を生かした商品開発をしようと2012年に設立。東京のパン職人志賀勝栄氏の指導を受け、統一基準を設けた「十勝パン」作りを進めており、長イモやホエーを使った試作品を出してきた。

関連記事

紀伊民報社

熊野米台湾へ 田辺の米穀店が輸出

 和歌山県田辺市湊の駅前新通りにある米穀・炊飯販売会社「たがみ」(田上雅信社長)は、地元のブランド米「熊野米」を台湾に輸出した。今後、継続して取引されるよう商談中という。  日本政策金融公庫が顧...

紀伊民報社

「南高」の梅干し 塩にこだわり商品化へ

 県農の子会社である和歌山ノーキョー食品工業(本社・海南市)は、紀南地方で栽培が盛んな梅の主力品種「南高」の梅干しを、基本的な原料である塩にこだわって商品化に乗り出した。全国の約50種の塩で試作...

十勝の肉丼食べ比べ 牛、豚、鶏…9種類に行列 清水

 肉の祭典「十勝清水 肉・丼(どんぶり)まつり」(実行委主催)が16日、町有明公園で開かれた。地元産の十勝若牛や豚、鶏、羊などを使った9種類の丼が集結し、大勢の家族連れが食を堪能した。  肉...

「バナナ饅頭」マツコさん絶賛 池田「よねくら」に反響

 池田町を代表する銘菓で、土産物として100年以上親しまれ続ける「バナナ饅頭(まんじゅう)」が11日夜に放送されたTBS系のバラエティー番組「マツコの知らない世界」で紹介され、一躍、全国規模で脚...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク