全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

雪で熟成、生豆おいしく 国内初の貯蔵実験 中札内トカプコーヒー

 中札内村の自家焙煎(ばいせん)コーヒー店「トカプコーヒー」(村大通南6、木村務代表)は、コーヒーの生豆(きまめ)を1度前後の雪蔵(雪室)で貯蔵する「雪蔵甘熟コーヒー」の製造を始めた。特殊な保管環境の中で、コーヒーがどこまでおいしくなるかを実験するとともに、地域ブランドとしての商品化を目指す。

雪蔵で保管中のコーヒー豆と木村代表(右)。左は井上代表

 雪蔵は帯広市桜木町東2線のとかち井上農場(井上慎也代表)の雪蔵貯蔵庫を使用。同農場では天然の雪を使用した雪蔵貯蔵庫でメークインを越冬させ、「完熟メークイン」として出荷している。木村代表からSNSを通じて連絡を受けた井上代表が協力した。

 貯蔵は3カ月の短期熟成と1年間の長期熟成に分け、コスタリカ産の豆とグアテマラ産の豆合わせて80キロを貯蔵する。年間を通じて1度前後の温度、約90~100%の湿度を維持して保存する。

 木村代表によると、氷温処理を施すことによってコーヒー豆に含まれる甘みのもととなるポリフェノールの一種「クロロゲン酸」が増加し、香味や風味が豊かなコーヒーになることが確認されているという。井上代表は「普段はジャガイモしか貯蔵していないが、ほかの食材がどんなふうに変化するのか楽しみ」と話す。

 国内では新潟市や山形県飯豊町などで雪室熟成コーヒーが製造されているが、生豆を3カ月以上熟成させるのはトカプコーヒーが初めてという。木村代表は「雪蔵での熟成を経て、甘さやコク、まろやかさが際立つコーヒーになってくれれば」と話している。

関連記事

豊川でアールスメロンの出荷最盛期

 メロンの生産が盛んな豊川市で、ネット系の「アールスメロン」の出荷が最盛期を迎えた。今年4月に完成し、7月から本格稼働した同市三上町のJAひまわり「総合集出荷センター」では、農家が持ち込んだメロン...

6店と8農家のグループ 地産地消の新メニュー発表会 豊橋市

 豊橋市は16日、駅前大通2の「エムキャンパスフード」で、飲食店や菓子店と生産者が夏の農産物を使って共同考案した地産地消の新メニュー発表会を開いた。事前のマッチング会で結ばれた6グループが延べ12品を...

金曜日限定で「お寿司屋さんのスパイスカレー」 ファン広がる 広尾・鮨正

 広尾町内の飲食店「鮨正」が、金曜日限定で「お寿司屋さんのスパイスカレー」(750円)を提供し、評判を呼んでいる。1週間仕込んだ本格カレーを、すしシャリ(酢飯)で味わうのが特徴。店主の新谷要一さん...

豊橋名物「濱納豆」普及へ 國松本店がイベント

 発酵食品「濱納豆(はまなっとう)」の製造販売を手がける豊橋市船町の「國松本店」は10日、濱納豆普及のワークショップや料理のプレゼンテーションを本店イベントホールで開いた。  創業140年。...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク