全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

鶴岡 西目土砂災害発生から1年 「まだ落ち着かない」「やっともとの生活に」 避難世帯自宅で年越し 31日献花

 昨年の大みそかに鶴岡市西目で発生した土砂災害から今月31日で1年が経過。現場は復旧工事が続いているものの、今月22日に県道、市道の通行止めが解除された。土砂崩れが発生した山はやや低くなり、麓に押し流された住宅のがれきなどは土砂とともに撤去された。災害の状況や県による対策工事の進捗(しんちょく)、住民の思いなどを振り返る。

 土砂災害が発生したのは2022年12月31日未明。午前1時頃、通行人の110番通報で事態が明らかになった。山の斜面から幅約100メートル、高さ約20―30メートルにわたり大量の土砂や樹木が崩れ、住民が暮らす民家2棟を含む17棟の建物が倒壊した。

 同3時半頃に70代男性と60代女性が救出された一方、80代男性と70代女性の夫婦の安否が分からず、県や鶴岡市、陸上自衛隊などが昼夜を通して懸命に捜索を続けたが1月2日の早朝、現場から2人の遺体が発見された。

土砂崩れ発生直後の現場。住宅2棟を含む建物が倒壊した=昨年12月31日

 県と鶴岡市は1月5日に専門家による緊急調査を実施。元日本地すべり学会会長の八木浩司山形大学名誉教授が現地を訪れ、目視調査を行った。八木教授は斜面の風化を指摘するとともに「降雪が雨で解け、地下に染み込んで水圧が高まったことが災害の原因となった可能性がある」と述べた。

 一方、ボーリング調査や安全対策などに時間を要するため、避難指示が出された4世帯13人の避難は長期化が避けられない見通しとなった。避難世帯は災害直後、ホテル暮らしなどをしていたが、後に市が市営住宅を提供。避難者からは「先が見えないのが一番不安。早く自宅に戻りたい」という声が多く上がった。

 緊急対策工事を経て9月から復旧工事が本格化。県は地滑り防止対策、鶴岡市が崩れた土砂の撤去と倒壊家屋のがれき処理、ふさがれた市道の復旧に当たった。県と市の工事による土砂の撤去量は約6万8000立方メートル、倒壊家屋などのがれきは約2200トンに及ぶ。

 10月末、避難世帯の上方斜面の掘削工事が完了し、11月下旬には歪み計と地下水位計が設置された。これを受け、避難世帯へ対する避難勧告は11月28日に解除された。市によると、12月28日午後に最後の避難世帯が市営住宅を引き払い、自宅に戻ったという。12月22日には通行止めとなっていた県道、市道の規制が解除された。今後の復旧工事は、市の担当区分は年度内の終了を見込むが、県は年明けから土砂流出防止用のコンクリート枠設置や地下水の排除を進める。降雪による作業中断などがあれば全体の工事完了は新年度以降となりそうだ。

復旧工事が進む現場。近くの県道、市道は通行止めが解除された=12月28日

 ある避難者は「戻ってきてさっそく電気トラブルが発生した。まだまだ落ち着かない」と困惑した表情。現場近くに住む男子高校生(18)は「市道が通れるようになり『やっと前のような生活が戻ってきた』と実感した。短いようで長い1年だった。最近は周囲の大人もあまり土砂崩れの話題を出さない」と話した。

 災害からちょうど1年が経つ31日、皆川治鶴岡市長をはじめ村山朋也県庄内総合支庁長、安倍長一金山自治会長などが亡くなった2人へ手向けるため現場で献花する。

関連記事

21日に新昌寺で鳥居強右衛門の450回忌法要

 1575年にあった「長篠・設楽原の戦い」で長篠城を守ろうと奔走した足軽鳥居強右衛門(とりいすねえもん)の450回忌法要が、墓のある新城市有海の「新昌寺」で21日に営まれる。  強右衛門は長...

釧路新聞社

釧路の名産品動画で紹介 鬼霧シアンさん配信【釧路市】

 釧路市を拠点に活動するバーチャルキャラクター「鬼霧シアン」さんが、釧路の名産品を動画で紹介する新動画「買っていいとも!」を、ユーチューブで配信している。鬼霧さんは「楽しい番組に仕上げているのでぜ...

釧路新聞社

阿寒国立公園誕生の背景と物語 佐藤、松橋、塩さん「復刻三恩人」発行【釧路..

 「無名だった阿寒はなぜ日本初の国立公園指定に含まれたのか?!」というメッセージを込めた著書が、日本の国立公園元年・阿寒摩周国立公園が指定されて90周年を記念して「復刻阿寒国立公園の三恩人+プラス...

荘内日報社

球春到来!! 平田杯13年ぶり単独開催 高校野球 庄内10チーム20日まで熱戦

 第98回平田杯庄内高校野球大会が13日、鶴岡ドリームスタジアムで開幕した。爽やかな晴天の下、球児たちがはつらつプレーを繰り広げ、庄内に「球春到来」を告げた。  同大会は1927年に鶴岡野球協会(現...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク