全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

「地域のシンボル」カヤ倒れる 樹齢400年の大木

強風で倒れた大木のカヤ(和歌山県みなべ町高野で)

 みなべ町高野の山の斜面に立つカヤの大木が、強風により倒れた。高さ約20メートル、幹回りは4メートル近くもあり、樹齢は400年を超えるといわれる。地区のシンボル的な存在で、地元住民らは残念がっている。

 住民によると、17日の朝、強い北風を受けて根ごと倒れ、その際に落雷のような大きな音がしたという。斜面沿いには町道があり、通行車両や通行人はいなかったが、重機や車庫が損壊した。
 このカヤは、上硲秀規さん(46)方民家の横に立っていた。風よけの木として代々、大切にしてきたという。かつては実を拾って食べ、リスやヤマガラなどたくさんの動物が集まっていた。業者が買い付けに来たこともあったが、「守り神だから」と断ったという。
 カヤが立っていた斜面一帯は急傾斜地で、崖地の崩壊などによる危険がある土砂災害特別警戒区域となっており、安全対策のために工事が進められていた。
 地元住民の一人は「カヤの北側に立つ樹木が伐採されたことで、軟弱な地盤の急傾斜に立つカヤが北風を受けて倒れたのだろうと思う。それにしても、樹齢400年を超える大木がこんなに簡単に倒れるとは」と残念がる。
 他の住民も「県道から眺めると山のように立派な大木だった。台風の風から守ってくれていたのに残念だ」と表情を曇らせる。
 上硲さんは「子どもの頃から眺めていた木がなくなったのは寂しい。これからも守っていかなあかんと思っていたのに」と落胆している。
 高野区によると、カヤは龍神村森林組合(田辺市龍神村東)で競りにかけてもらう予定だという。

関連記事

若雌1類優秀に大海 市畜産共進会 団体賞は下地支部 県上位入賞へ期待込め

 宮古島市畜産共進会(主催・同実行委員会)が13日、JAおきなわ宮古家畜市場で開かれた。3部門に計24頭が出品された。審査の結果、若雌第1類で大海(上野)所有の「たいかいとよひめ」号が優秀賞とJAおきなわ宮...

北羽新報社

金勇で「能代の七夕展」始まる 当番組・萬町組の提灯など展示

 能代市柳町の観光交流施設・旧料亭金勇で13日、同施設の企画展「能代の七夕展」が始まった。8月6、7日に市内で行われる役七夕の当番組を務める萬町(あらまち)組で実際に使われる提灯(ちょうちん)や...

岸田首相が矢作ダムなどを視察

 岸田文雄首相はこのほど、豊田市と岐阜県恵那市にまたがる矢作ダムなどを視察した。県が進める「矢作川・豊川CNプロジェクト」について、林全宏副知事らから説明を受けた。  まず、豊田市西山町では...

北羽新報社

コハクチョウ家族が〝定住〟 能代市赤沼の米代川河川敷

 能代市赤沼の米代川河川敷に年中とどまっているコハクチョウの親子がいる。つがいの一方がけがなどのため飛べずにいるのを気遣い、4年ほど前から渡りの季節を過ぎても夫婦そろって残るようになり、2年前...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク