全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

駅開業120年 鉄路思いはせ 浦幌・厚内で式典

 十勝管内最初の鉄道駅となったJRの浦幌駅と厚内駅は25日、開業から120周年を迎えた。正午すぎから浦幌駅で記念式典が開かれ、井上亨町長が浦幌駅の山信田(やましだ)亮駅長に花束を贈り、節目の年を祝福した。

お祝いの花束を贈った井上町長(右)と受け取った山信田駅長

 1903(明治36)年12月25日に音別(現釧路市)-浦幌間の鉄道(北海道官設鉄道釧路線)が開通し、浦幌、厚内両駅が開業。04年に利別(池田町)、05年に帯広へと延伸した。

 この日は井上町長、森秀幸町議会議長、竹田悦郎町商工会長ら15人が、町のバスで音別に移動し、JRに乗り換え、音別-浦幌間を視察乗車した。正午に浦幌駅に着き、駅構内で町立博物館が主催する記念式典を開催した。参加した約20人を前に井上町長は「120年前の鉄道敷設には、信じられないほど大変な苦労があったと思う」と視察を振り返り、「駅がなければ今の浦幌はない。行政として駅利用者の拡大を図っていかなければ」と述べた。JR北海道の戸川達雄釧路支社長は「120年間列車を走らせ続け、多くの方にご利用いただけるよう努力してきたことを後進にも伝えていきたい」とあいさつした。

 駅待合室で来年1月28日まで展示するポスターを使って同博物館の持田誠学芸員が、鉄道ルート選定の経緯やその後の町の歴史などを紹介した。

 視察乗車に参加した一般社団法人「十勝うらほろ樂舎」の浅野佳奈さん(29)=茨城県出身=は、旅行会社から同法人に出向中。「昔からあるトンネルやレンガ倉庫が今も使われていて、歴史を感じるとともに保存することも考えていく必要があると思った」と話していた。

関連記事

紀伊民報社

南高梅の収穫始まる 不作とひょう害で厳しく

 梅産地のみなべ町や印南町で、主力品種「南高梅」の収穫が始まった。JA紀州によると、暖冬や不完全な花が多かった影響などにより例年にない不作の上、ひょうの被害も重なり、厳しい年となっている。  ...

荘内日報社

庄内町産豚肉使用のレトルトカレー販売開始 北月山荘フレンチ食堂 モン・ヴィ..

 庄内町の月の沢温泉・北月山荘のフレンチ食堂「モン・ヴィペール」で調理を担当するシェフ・富樫一仁さん(42)が、同町産豚肉を使ったレトルトパック「ポークカレー」の販売を今月から開始した。同施設限定販...

国旗検定合格・山下さんの夢応援 帯広の澤田さん国連切手プレゼント

 帯広市在住の元自衛官澤田孝廣さん(76)は、「国際知識検定国旗(国旗検定)」1級に合格した下音更小学校3年生の山下康(こう)さん(8)に、1000枚超の「国連切手(国旗シリーズ)」をプレゼントし...

宇部日報社

おーるうぇいずが自立援助ホーム「永紬」開設 市内初20歳未満の入所施設【..

 NPO法人おーるうぇいず(松本鉄己代表)が、自立援助ホーム「永紬(なつむ)」を宇部市内に開所した。義務教育を終えた15歳からの子どもたちが、社会で自立した生活を送れるように、家庭的な雰囲気の...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク