全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

歴史のバトン未来へ 日本復帰70年、名瀬小で集会 「断食悲願」朗読も 奄美市

復帰運動の象徴となっている名瀬小の石段の上で泉芳朗の詩「断食悲願」を朗読する同小6年生42人=25日、鹿児島県奄美市名瀬

 奄美群島の日本復帰から70年の節目を迎えた25日、奄美各地で記念行事が行われた。復帰運動の中心地となった鹿児島県奄美市の名瀬小学校では、「日本復帰記念の日のつどい」が開かれ、復帰運動経験者から戦後世代の一般市民、小・中学生まで約1600人が参加。群島一丸となった無血の民族運動に思いをはせ、先人が刻んだ歴史のバトンを未来へとつなぐ決意を新たにした。奄美市では記念講演や、ちょうちん行列、記念花火の打ち上げもあった。

 奄美群島は戦後約8年間、米軍統治下に置かれた後、1953(昭和28)年12月25日に日本復帰した。旧名瀬市議会は96年、この日を「日本復帰記念の日」とした。

 毎年12月25日は官民が一体となり、つどい開催を広く市民に呼び掛け、復帰運動の伝承に取り組んでいる。同市によると、奄美まつりや市民体育祭・文化祭など、大半の行事が中止となった新型コロナウイルス下も、復帰記念の日のつどいだけは規模を縮小し、継続してきた。

 つどいは午後6時に始まり、奄美市立金久中2年の臼山倫羽(うすやま・ともは)さん(14)が司会を務めた。

 国歌斉唱、「日本復帰の歌」に続いて、安田壮平市長が「先人たちの奮闘と努力のおかげで今の奄美があることに感謝し、また私たちも将来の奄美に生きる人々に感謝していただけるよう、今を大事に努力していこう」とあいさつ。

 復帰運動の象徴である名瀬小敷地内の石段の上で、同小6年の児童42人が、復帰運動のリーダー泉芳朗の詩「断食悲願」を朗読した。

 生徒代表の感想発表で名瀬中2年、杉本寛喜さん(14)は、70年前の先人たちの苦労に思いをはせつつ、「先人たちが守り受け継いできた文化や風習を絶やすことがないように、そして日本復帰にかけた人々の歴史を語り受け継いでいくことが、今を生きる私たちの使命」と訴えた。

 参加者全員で日本復帰祝賀の歌「朝はあけたり」を斉唱し、万歳三唱で締めくくった。

関連記事

紀伊民報社

幸福の黄色いカエル 和歌山県立自然博物館で展示

 和歌山県田辺市の大塔地域で、黄色いカエルが見つかった。通常は緑色をしたシュレーゲルアオガエル(アオガエル科)の色彩変異個体。展示を始めた県立自然博物館(海南市船尾)によると、目立つために捕食者...

ご当地グルメに舌鼓 「大北海道うまいもの市」盛況 苫小牧

苫小牧市表町のグランドホテルニュー王子1階旧レストランハルニレで22日、物産展「大北海道うまいもの市」が始まった。稚内や旭川、釧路、函館など全道各地の特産品やご当地グルメなど約150品目が並び、買...

黒ニンニク ペーストに 熟成で甘く、臭いも軽減 JA十勝清水町

 JA十勝清水町(氷見隆雄組合長)は、清水産ニンニクを原料にした新商品「十勝熟成黒にんにくペースト」(1300円、瓶詰め100グラム)を開発した。サツドラ十勝清水店内の同JAアンテナショップではす...

荘内日報社

郷土食を気軽に“見える化” 「笹巻」まちなか店舗提供テスト事業 鶴岡商議所

 鶴岡商工会議所は、郷土食の提供店の〝見える化〟や、市街地で郷土食が気軽に食べられる仕組みづくりの構築に向けたテスト事業として、市内の飲食店で笹巻の提供を期間限定で行っている。実施店の反応や消費者...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク