全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

釧路新聞社

サーモン養殖可能性示す 生残率2・1%も高値で出荷【根室市】

 【根室】市は25日、今年度から取り組んだトラウトサーモンの海面養殖実証試験の結果を公表した。稚魚3000匹を約6カ月間育てた結果は、夏場の高水温の影響を受け、生残率2・1%、魚体も目標重量(1匹当たり)の32%にとどまる0・8㌔だった。それでも、市場出荷した54匹は最高値1620円(1㌔当たり)、平均で926円(同)と今後の可能性を示した。来年度は稚魚の大型化などで再挑戦する考えだ。

 初年度の今回は、5月下旬に花咲港内のいけすに稚魚3000匹(1匹0・36㌔)を放流。11月下旬まで飼育したが、8月下旬から約1カ月間最高水温22度が続き、この間に大半が死んだ。この結果、生残数は64匹、重量では最大1・5㌔の個体が確認できたものの、1匹当たりの平均は0・8㌔と、目標の2・5㌔には及ばなかった。

 未出荷の10匹は試食に回ったが「冷凍してもおいしく食べられることが分かった」と、刺し身だけでなく寿司(すし)ネタとしての可能性も確認された。

 市水産研究所の工藤良二所長は「今年の稚魚は多少小さく、環境の変化に弱かった可能性もある」として来年度は今回0・36㌔だった稚魚を0・8㌔まで大型化する方針を示した。稚魚の大型化は「体力のある個体の確保、高水温が予想される際は早めの水揚げ対応も可能になり得る」と話す。

 石垣雅敏市長は「生産高を増やさないと人口問題も含めてすべてに影響する。冷涼な地域を生かした養殖には期待している」と話している。

 実証試験は、根室市ベニザケ養殖協議会(会長・大坂鉄夫根室漁協組合長)が実施主体となり、市と4漁協などで今年度から着手した。トラウトサーモンは海水温18度以下を好むとされ、本州の春出荷に対し、冷涼な気候を生かした年末年始向けの製品として事業化を目指している。

1・5㌔ものの尾頭付き冷凍刺し身。味の評判は上々だった

関連記事

紀伊民報社

50年間で1度上昇 紀伊水道の海水温 和歌山県水産試験場解析

 和歌山県水産試験場(和歌山県串本町)は、紀伊水道(瀬戸内海東部海域)の観測データを解析して、海水温が50年間で1度の上昇傾向にあることを明らかにした。また、透明度も上昇傾向にあることが分かった...

駅舎一面の切符見納め 帯広・幸福駅 27日に撤去 建て替え10周年

 帯広市の観光名所「旧国鉄広尾線幸福駅」(幸福町東1線)の駅舎が2013年の建て替えから10周年の節目を迎え、駅舎に貼られた切符が27日早朝に剥がされることになった。駅舎内の壁いっぱいに切符が...

荘内日報社

天神祭始まる 「化けもの」5年ぶりに酒振る舞う

 学問の神様・菅原道真公を祭る鶴岡天満宮の祭礼・天神祭が24日、同天満宮での大絵馬奉納で始まった。コロナ禍で中止していた化けものによる祭り客への地酒やジュースの振る舞いが5年ぶりに復活。いつもながらの...

宇部日報社

トビタテ!宇部高専生 3年生5人が文科省の留学支援制度に採択【宇部】

 宇部高専(金寺登校長)の3年生5人が、文部科学省の留学生支援制度「トビタテ!留学JAPAN」新・日本代表プログラム高校生コースの第9期に選ばれた。今年度の応募総数1566人のうち採択者数は...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク