全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

「辰歳御縁年」迎える準備 善寳寺 すす払い

 鶴岡市下川の善寳寺(水口道雄住職)で25日、年末恒例の「すす払い」が行われ、僧侶たちが長い笹(ささ)ほうきで本堂祈祷(きとう)場の天井や梁(はり)などにたまったちりを払い、新年に備えた。

 僧侶職員と修行僧を合わせ約20人は午前8時から本堂で朝礼を終えると、墨染めの衣から紺色の作務衣(さむえ)に着替え、頭に白い手拭いを巻いて、マスクを着けると再び本堂に集合。長さ2間(約3・6メートル)の竹竿の先に笹を取り付けた笹ほうきを手に、天井や梁、須弥壇(しゅみだん)前の天蓋(てんがい)、山号額などをはたいてちりやほこりを落とし、掃き清めた。

 広報担当の篠崎英治さん(42)は「来年は12年に一度の辰歳(たつどし)御縁年。龍神様をきれいな本堂でお迎えできるよう心を込めて掃き清めた」と話した。同寺では、コロナ禍が落ち着いたこともあり、正月三が日は6万人程度の初詣客を見込む。

 善寳寺では大みそか午後10時半から元日午前0時までの「除夜の鐘つき」(先着108打)があり、事前予約を受け付けている。また、大みそかの夜と、1―3日の夜には五重塔のライトアップが行われる。

 除夜の鐘つきなどの予約、問い合わせは同寺=電0235(33)3303=へ。

「笹ほうき」で天井や梁などのちりを払う善寳寺の僧侶ら

関連記事

荘内日報社

200人力合わせ飛島をきれいに

 本県唯一の離島・飛島の自然豊かな環境を守ることを目的とした清掃活動「飛島クリーンアップ作戦」が25日、島内の荒崎海岸一帯で行われ、酒田市内外から参加したボランティア有志や島民計約200人が散乱した漂着...

クマ用スプレー貸し出します 高額、飛行機持ち込み不可…不便多く 帯広

 大雪山系の豊かな自然と十勝に魅せられた東京都の会社員白岩慎隆(のりたか)さん(51)が、登山者向けにクマ撃退スプレーのレンタル事業を始める。スプレーの飛行機持ち込みに制限があることなど自身の感じ...

宇部日報社

住吉まつりに3万人 47団体が踊りや太鼓で盛り上げ【山陽小野田】

 第13回「復活!住吉まつり」は26日、山陽小野田市東住吉町の住吉神社をメイン会場に開かれた。青天の下、恒例のパレードやステージイベントに加えて周辺施設でも多彩なイベントが行われ、約3万人(...

長野日報社

危機感募る観光地 サル出没相次ぐ光前寺周辺 長野県駒ケ根市

 長野県駒ケ根市駒ケ根高原の光前寺周辺で、野生のニホンザルの出没が相次いでいる。10年ほど前から頻繁に現れるようになったが、「今年は特にひどい」(地元関係者)。人的被害こそ確認されていないものの...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク