全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

遊ぶ楽しさ伝え33年 コーヨーホビー 帯広・長崎屋店が年内閉店へ

 ゲームや模型などを販売する光陽堂(帯広、名畑純明代表)は、同社唯一の販売店「コーヨーホビー 長崎屋店」を31日で閉店する。ファミコンなどのゲーム機やモデルガンなど現代では取扱店の少ない希少な物も多く、33年にわたり愛好家らに親しまれてきた。名畑代表(74)は「閉店を惜しむ声もあるが、年齢も年齢なのでいったん休業することにした。長年のお付き合いに感謝している」と話している。

サーキット場で開催していたラジコンレースの写真を手にする名畑代表。店内にはプラモデルなどの商品が所狭しと並ぶ

 同社は1951年、名畑代表の父政治さんが「マルヒロセンター」(現北のうまいもん通り)で電器店として創業。78年に市西21南3に約1000平方メートルのサーキット場を造り、月1回ラジコンレースを開催していた。79年にニチイ店(現イオン)、82年に藤丸店、90年に長崎屋店をそれぞれオープン。市内で最大3店舗展開していた90~2000年代を振り返り、「帯広全体がにぎわい、活気にあふれていた」と話す。

 長崎屋店は現施設オープン時から入居しており、1000点以上の商品が並ぶ。時代ごとの最新ゲーム機の他、カードや模型、トイガンといった、家電量販店や玩具店での取り扱いが少ないマニアックな商品も販売。プラモデルはカスタム用の細かいパーツや絵の具などもそろえ、遠方から目当ての商品を求めて来店する客も多かったという。

 市内に複数店あったホビーショップもネット販売の浸透など時代とともに閉店していったが、子どもも通いやすい立地の良さと対面ならではの丁寧な接客が親しまれ、これまで営業を続けてきた。中には幼少期から通うなじみ客も。「『いらっしゃいませ』じゃなく『こんにちは』。通ってくれる人と、趣味を通していろんな話をしてきた。顔を見れば何を買いに来たのか何となく分かった」

 「残念」と惜しむ声も多数寄せられるが、来年3月の施設閉館を受け閉店を決めた。名畑代表は「今は大人になって働いている人が、幼い頃に趣味や娯楽の入り口としてうちに通ってくれたことがうれしい」とし、「新しい人がこの業界で起業し、担ってくれることを期待している」と話した。

 31日まで閉店セールを実施中。商品を20~50%割り引きで販売している。

関連記事

長野日報社

長野県飯島町の「wave」が稲作の実証実験 ドローンで直播栽培

 長野県飯島町で農業用ドローンの販売から作業メンテナンスを手掛けるシステム開発の「wave」は、小型無人機ドローンを使った稲作の実証実験に取り組んでいる。同町岩間にある同社隣接の水田で、鉄コーティ...

紀伊民報社

印南で小玉スイカ収穫 甘くてシャリシャリ

 JA紀州(本所・和歌山県御坊市)管内で、夏の風物詩となっている小玉スイカが収穫されている。生産が盛んな印南町では7月末まで、農家が丹精込めて育てたスイカの収穫が続く。  小玉スイカは皮が薄く...

荘内日報社

ディズニー仲間たち パレードが夢の世界へ 酒田まつりに登場

 ミッキーマウスらディズニーの仲間によるスペシャルパレードが20日夕、「酒田まつり」の本祭りに合わせ酒田市の中心市街地で行われ、沿道を埋めた見物客を夢の世界に引き込んだ。  東京ディズニーリゾート...

宇部日報社

市空き店舗利活用事業 セメント町の支援拡大【山陽小野田】

 山陽小野田市は、空き店舗等利活用支援事業のうち、旧セメント町商店街周辺地区に限って、今年度から補助額の上限を50万円から100万円に引き上げた。エリア内に複合施設「Aスクエア」が新しくオープ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク