全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

日沿道鼠ケ関IC周辺に「道の駅」整備

基本計画で示された鼠ケ関IC周辺の「道の駅」施設整備エリア(黄色部分)

 鶴岡市は、日本海沿岸東北自動車道(日沿道)の建設で、新潟県境区間に設置が計画されている鼠ケ関インターチェンジ(IC、仮称)周辺に整備する道路休憩施設の基本計画を策定した。同ICそばの2万1640平方メートルの敷地にトイレなどの休憩施設、道路や観光の情報提供施設、物販・飲食施設、駐車場などを整備し、東北の日本海側の「南の玄関口」として道の駅の登録を計画。日沿道あつみ温泉―鼠ケ関間の開通と同時期のオープンを目指す。

 整備エリアは鼠ケ関IC北西側で、日沿道と国道7、345号に囲まれた場所。道の駅整備の方向性として、ユネスコ食文化創造都市・鶴岡の四季折々の幸の体験、鶴岡の自然・文化・伝統の魅力発信による交流人口拡大、温海・鼠ケ関地域の活性化を掲げ、テーマを「豊かな海・山・里の幸を味わえる“ねずがせき市場”~食の理想郷『鶴岡』のゲートウエイ」とした。

 物販・飲食部門は「『EAT&BUY』食べて買う・買って食べる」をテーマにした営業形式を計画。物販と飲食を合体させた市場のような店舗構成で、庄内浜の魚介類や多様な在来作物などユネスコ食文化創造都市をアピールする拠点と位置付ける。年間売上高5億円の目標を設定した。

 整備・管理運営方式は「公設民営」を見込み、運営組織は店舗出店者の出資による「事業組合方式」が適しているとした。施設の造成や建築工事を合わせた概算の整備費は11億円程度を想定し、国や県の各種補助制度の活用を見込む。

 高速道路の供用開始までは一般的に事業化からおおむね10年とされていることから、あつみ温泉―鼠ケ関間の供用開始は2023年度ごろと想定し、これに合わせて道の駅をオープンする計画。本年度から用地の測量や造成の基本設計、管理運営計画の検討に入る。

 一方、基本計画では今後の課題や必要とする検討事項にも触れている。アクセスに関しては高速道路利用者がより利用しやすい「道の駅」とするため、日沿道下り線ランプからの専用通路について関係機関と意見交換して制度的・技術的可能性を検討。温海地域にある「道の駅あつみ」との機能的なすみ分けや在り方の検討、隣接する新潟県村上市の関係者との連携内容の調整も行う。また、インバウンド(訪日外国人旅行)誘客に向けた受け入れ態勢や効果的な情報発信の方法についても調査、検討していく。

関連記事

豊橋・藤ノ花女子高で針供養 豪華なひな段にお供えも

 豊橋市老松町の藤ノ花女子高校は26日、「針供養・ひなまつり」行事を開いた。針供養は前身の「豊橋裁縫女学校」創立(1902年)以来続く。全校生徒が役目を終えた針に感謝した。  生徒に優しさや感...

家族集い墓前で「正月」 郡内各地で十六日祭

 あの世(グショー)の正月と言われる十六日祭(ジュールクニチー)が25日(旧暦1月16日)、郡内各地で催された。家族や親戚らが集まり、墓前でオードブルや花、酒などを供えて家族の健康や子孫繁栄を願った...

釧路新聞社

キツネ被害 対処方法 市、ホームページに情報掲載【釧路市】

 クマやシカ、野鳥などの野生鳥獣に関する情報発信について、釧路市は新たにキツネの被害と対処に関する情報を市ホームページ(HP)に掲載した。市への問い合わせなどが多いことに伴う取り組み。担当の市環境...

長野日報社

「高遠城址公園さくら祭り」伊那市が対策会議 運営方針など確認 長野県 

長野県伊那市は26日、観桜イベント「高遠城址公園さくら祭り」の対策会議を同市高遠町総合福祉センター・やますそで開いた。祭りに携わる関係者ら約50人が出席し、運営方針や交通、防犯対策などを確認。...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク