全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

選手育成プロジェクト「T-GUP」を立ち上げ 豊橋競輪

 豊橋市は、市が運営する「豊橋競輪場」(東田町)をホームバンクとする選手層の底上げを目指し、プロの登竜門となる選手養成所を目指す訓練生育成プロジェクト「T-GUP」を立ち上げた。2025年5月の養成所入所試験を目指す第1期候補生を募り、現役プロ選手らが直接指導する。

訓練生の応募を呼び掛ける白井選手と鈴木選手

 市によると、豊橋競輪場には20~55歳の31選手がプロ選手として拠点を置く。実力に応じたランク分けがあり、豊橋には過去、深谷知広選手や金子貴志選手が最高ランクの「S級」として在籍。グランプリレース(GP)でも活躍した。

 県内には名古屋と豊橋のみに競輪場がある。最近はインターネット投票の普及もあり、新型コロナウイルス禍でも車券の売り上げは右肩上がりが続いている。一方、選手育成など競技の普及面では全国各地の競輪場でも苦しい状況が続くという。

 そこで豊橋競輪は選手会の協力で、選手養成所入門を目指す候補生に実践指導するなど、育成への独自プロジェクトを立ち上げた。豊橋では14~20年度に女性を対象にした特別企画「豊橋ガールズケイリン育成プロジェクト」で14選手を送り出した実績がある。今回は男女問わない初の試みという。

 豊橋を拠点にする白井一機選手(65期生)や鈴木伸之選手(87期生)ら現役プロが、専門的なプログラムで実践指導する。現役プロ選手との合同練習のほか、アマチュア競技会や他競輪場での合宿も計画。「日本競輪選手養成所」への入所までを支援する。

 白井選手は「しっかりケアすれば35年ぐらい現役で活躍できる。職業の選択肢としても考えてほしい」と呼び掛ける。

 2月末まで募集、3月上旬の選考会と面接を経て中旬に決定、4月から訓練を開始する。

 申し込みと問い合わせはプロジェクト実行委員会(0532・61・3136)へ。

訓練生の独自養成に乗り出した豊橋競輪(提供)

関連記事

紀伊民報社

南高梅の収穫始まる 不作とひょう害で厳しく

 梅産地のみなべ町や印南町で、主力品種「南高梅」の収穫が始まった。JA紀州によると、暖冬や不完全な花が多かった影響などにより例年にない不作の上、ひょうの被害も重なり、厳しい年となっている。  ...

荘内日報社

庄内町産豚肉使用のレトルトカレー販売開始 北月山荘フレンチ食堂 モン・ヴィ..

 庄内町の月の沢温泉・北月山荘のフレンチ食堂「モン・ヴィペール」で調理を担当するシェフ・富樫一仁さん(42)が、同町産豚肉を使ったレトルトパック「ポークカレー」の販売を今月から開始した。同施設限定販...

国旗検定合格・山下さんの夢応援 帯広の澤田さん国連切手プレゼント

 帯広市在住の元自衛官澤田孝廣さん(76)は、「国際知識検定国旗(国旗検定)」1級に合格した下音更小学校3年生の山下康(こう)さん(8)に、1000枚超の「国連切手(国旗シリーズ)」をプレゼントし...

宇部日報社

おーるうぇいずが自立援助ホーム「永紬」開設 市内初20歳未満の入所施設【..

 NPO法人おーるうぇいず(松本鉄己代表)が、自立援助ホーム「永紬(なつむ)」を宇部市内に開所した。義務教育を終えた15歳からの子どもたちが、社会で自立した生活を送れるように、家庭的な雰囲気の...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク