全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

恐怖や別れ、未来への希望 ウクライナ子どもの絵画展 長野県伊那市

ウクライナの子どもたちが描いた不戦、平和を願う絵画

 戦時下のウクライナの子どもたちが描いた絵の展覧会が9、10日、長野県伊那市荒井のいなっせ2階展示ギャラリーで開かれている。空襲への恐怖や家族との別れ、未来への希望などを絵にした112点を展示。来場者が戦禍の子どもたちの心情に思いをはせながら絵に見入っている。

 支援団体のNPO法人チェルノブイリ救援・中部(名古屋市)が初めて企画した巡回展。ウクライナの首都キーウと北西部ジトーミル州の学校や保育園、孤児院の子どもたちの絵を送ってもらうなどして展示した。

 赤い涙を流す人、破壊された街などを描き、非戦や平和の大切さを強く訴え掛ける。終結後の未来を想像し、残された戦車砲でブランコを作って遊ぶ子どもの姿も。モノトーンの「ブチャの悲劇」と題した作品には「国がもっとカラフルに美しくなるように」とメッセージが。「サイレンの音を聞くと鳥肌が立つ」との訴えもある。

 観覧した市内の60代女性は「子ども時代をなくしたと訴える絵に胸が痛くなった。生の気持ちが伝わってくる」とし、ウクライナのためにできることとして「絵を見に行くことが一つの意思表示と思った。子どもたちに笑顔が戻りますように」と願った。

 10日は午前10時~午後4時。午後1時からウクライナの家庭料理ボルシチの試食もある。入場無料。

関連記事

ひな人形900体ユニークに飾る ファッションメールプラザ 苫小牧

苫小牧市表町3の商業施設ファッションメールプラザで3月19日まで、「プラザde雛(ひな)まつり」が開かれている。市民から寄せられたひな人形約900体を、音楽演奏などを表現したポーズで飾り、訪れた人...

民泊「どりふ」開業へ 出張、旅行需要見込む 大樹

 くさかガス設備(大樹町鏡町)を経営する日下昌樹さん(49)は、町内振別146で所有する一般住宅を改修し、民泊「どりふ」を3月中にも開業する。出張や旅行、少年団活動などの需要、「お試し移住」での利...

荘内日報社

松くい虫被害 庄内昨年過去最悪5万5644立方メートル 優先順位に従った駆除必..

 庄内地域のクロマツ林でマツノマダラカミキリ(松くい虫)による被害が広がっており、2023年は鶴岡、酒田、遊佐3市町の国有林・民有林計5万5644立方メートル(材積換算、前年2万2976立方メートル)に及び、過去...

宇部日報社

小野田高生が短編小説作製 地域の魅力を県内外へPR【山陽小野田】

 小野田高(天尾昇一校長)の総合文化部・文芸読書(村上結菜部長)の部員、生徒有志ら13人が、県内を舞台にした短編小説集「LOVE 山口県ショートショート―しあわせみいつけた」を作製した。11市...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク