全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

サンゴの島を実感! 志戸桶集落で石垣修復体験 喜界島

石積みを通してサンゴ礁文化を学んだ参加者たち=2日、喜界町志戸桶

 鹿児島県喜界島の喜界町志戸桶集落で2日、サンゴの石垣修復体験が行われた。参加者約20人が額の汗をぬぐいながら石垣の修復作業。島の成り立ちとは切り離せないサンゴ礁文化に触れながら、サンゴの島を実感した。

 喜界町公民館講座「喜界島のジオを知る体験教室」の一環。受講生らはこれまでに、サンゴの生態やサンゴ隆起による喜界島の成り立ちなどを学んできた。

 この日は、講座受講生や喜界島サンゴ礁科学研究所スタッフらとともに、喜界高校に通うサンゴ留学生6人も参加。阿伝集落サンゴの石垣保存会の武田秀伸事務局長が講師を務め、石垣修復作業のポイントとして、大きい築石(つきいし)を表面にして小さなグリ石を詰めることや、石垣を安定させるための石の置き方などを説明。参加者らは、大きなサンゴ石を協力しながら組み合わせたり、声を掛け合ったりしながら約90分で、長さ約10メートル、幅1メートル、高さ1・2メートルのサンゴの石垣を完成させた。

 町が実施する留学制度のサンゴ留学生として今年、県立喜界高校に入学した男子生徒(16)は「石垣を積む作業は大変だったが、みんなで協力したことで、達成感がある。これまでに、海に潜っての生物調査もしてきたが、きょうの体験で改めてサンゴの島だということを実感した」と話した。

 夫婦でこの講座を受講している滝川集落の一宮俊夫さん(75)良子さん(67)夫妻は「島の山手にある滝川集落では、土にサンゴ石を詰め込むような石垣なので、違いに驚いた。崩れているサンゴの石垣を自分たちで少しでも修復できたらいいなと思う。学んだことを知り合いにも伝えたい」と語った。

関連記事

ひな人形900体ユニークに飾る ファッションメールプラザ 苫小牧

苫小牧市表町3の商業施設ファッションメールプラザで3月19日まで、「プラザde雛(ひな)まつり」が開かれている。市民から寄せられたひな人形約900体を、音楽演奏などを表現したポーズで飾り、訪れた人...

民泊「どりふ」開業へ 出張、旅行需要見込む 大樹

 くさかガス設備(大樹町鏡町)を経営する日下昌樹さん(49)は、町内振別146で所有する一般住宅を改修し、民泊「どりふ」を3月中にも開業する。出張や旅行、少年団活動などの需要、「お試し移住」での利...

荘内日報社

松くい虫被害 庄内昨年過去最悪5万5644立方メートル 優先順位に従った駆除必..

 庄内地域のクロマツ林でマツノマダラカミキリ(松くい虫)による被害が広がっており、2023年は鶴岡、酒田、遊佐3市町の国有林・民有林計5万5644立方メートル(材積換算、前年2万2976立方メートル)に及び、過去...

宇部日報社

小野田高生が短編小説作製 地域の魅力を県内外へPR【山陽小野田】

 小野田高(天尾昇一校長)の総合文化部・文芸読書(村上結菜部長)の部員、生徒有志ら13人が、県内を舞台にした短編小説集「LOVE 山口県ショートショート―しあわせみいつけた」を作製した。11市...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク